木村文乃 撮影/廣瀬靖士

子どもって、親に楽しんでいてもらいたいんです。くだらないことでもいい、生き生きと楽しそうにしていてくれたら、もうそれだけでいいんです

 シングルファーザーがラジオ体操を通じて地域デビュー&初めての家事に奮闘する姿を描いた映画『体操しようよ』で、草刈正雄扮する主人公のひとり娘役を演じた木村文乃(31)。劇中では“定年お父さん”のこれからを案じて娘から“親離れ”宣言!! だが、木村家では逆だったそうで、

「私は16歳からこの仕事をしていたこともあり、母親からずっと“20歳になったら一切何も言わないから、お願いだからちゃんと学校を卒業して、しっかりやってほしい”と厳しく言われ続けていて。実際に私の2歳下の弟が20歳になったときに“卒母”宣言されたんです

 と、驚きの親子関係を明かす。今は名前で呼び合うことも多く、いい意味で振り回されることも多くなってきたと言い、

「いきなり“NY行きたい”って言いだして。ひとりで行かせるわけにもいかないから、私がついてくよと(笑)。これまで私と弟のために自分の時間をたくさん犠牲にしたと思うんです。だから今、そうやって生き生きとしている姿に娘としては安心しています

 その発言からは、プライベートでもしっかり者であることがうかがえる。そんな彼女だが、今回演じた弓子については、

私は反抗期にはちゃんと反抗してきたタイプ。でも弓子は言われた側の痛みがわかる人なので、反抗期にも反抗できなかったんじゃないかな。当時、親が受けた痛みがわかるようになってきた今、この役に出会えてよかったなと思います」