「今年の誕生日、孫に“サッちゃん、いくつになったの?”と聞かれて、電卓たたいたら、80歳だったの。こんなに年をとったんだぁと、さすがに私も3日ほど落ち込んだわよ。でも、4日目の朝、年のことで落ち込んでもバカバカしいと気がついて、今までどおり楽しむっていうか、年齢への意識を捨てちゃえばいいと、今は思ってます」

 お孫さんふたりも「おばあちゃん」ではなく「サッちゃん」と呼ぶという、川邉サチコさん。バレッタでアップした白髪、セルフレームの眼鏡、真っ赤な口紅、きりっとしたアイメイク。

 この日は「元気出るように」と赤いトップスに、スカートを合わせた。こんな粋でおしゃれでカッコいい80歳がいるのなら、年をとるのも悪くない、そう思わせてくれる存在だ。

 ビューティークリエイターとして、今もバリバリの現役。渋谷の閑静な住宅街にあるサロン『KAWABE LAB』を経営し、同じ業界で活躍する娘のちがやさんとともに一般の女性たちのヘアメイクや、ビューティーアドバイスを行っている。

 この日は、20年もサロンに通う常連客の小山治子さん(70)が来店。まず持参した服を見て、どうスタイリングしていくか相談する。この日は「夫婦で記念日を過ごすためのトータルコーディネート」という依頼だ。

「うちはお客さまとコミュニケーションをとって作っていくシステム。年齢や好み、生活の環境なども聞いて、髪の毛の状態を拝見しながら、その方の長所を見つけて仕上げていきます」

 ヘアセットだけの場合もあれば、服や靴選びからアドバイスし、トータルに全身のスタイリングをする場合もある。お客さまの要望や予算に合わせて1万円からカウンセリングを行い、ケースバイケースで対応する。

 今回はサチコさんがヘアを、娘のちがやさんがメイクを担当。まず髪を丁寧にブラッシングした後、大きなホットカーラーで手際よく髪を巻きだした。

常連客・小山さんのヘア、メイク、ドレスアップの様子。すぐに髪がぺしゃんこになる髪質のため、何時間もボリュームが維持できるように工夫されている

「今時ホットカーラーを使うやり方は珍しいんですけどね。小山さんの髪質ではブローだけだとすぐぺしゃっと崩れちゃうのよ。やっぱり、店を出られた後も長くきれいにもたせたいじゃない? アフターケアまできちんとするのがプロだからね」

 カールを壊さないようにセット、これで完成と思いきや、全身を鏡に映しながら、さらに手を入れる。

「大事なのは全身のバランス。私はヘアだけの仕事も、必ず全身を鏡に映してみながら仕上げます」

 完成。上品でかつ躍動感のあるスタイルに仕上がった。

川邊さんがトータルコーディネートした常連客・小山さんのヘア、メイク、ドレスアップのビフォー(右)アフター(左)

 鏡を見て「うれしい!」と表情まで明るくなった小山さんは言う。

川邉先生は最初ロングヘアだった私をショートに上手に変えて、ショート嫌いの主人まで納得するスタイルにしてくださったんです。私が変わった姿を見て“紹介して”とサロンに来るようになったお友達は、もっと大変身したんですよ。それまで普通の主婦だったのが、社交ダンスや歌を始めて、今ではステージに堂々と立っています。川邉先生はスタイルだけじゃなく、内面まで変えてくださる方だと思います

 仙台から2か月に1度のペースで通う、ギャラリーオーナーで美術評論家の森美枝子さん(77)もサチコさんの手でイメージチェンジに成功したひとり。

「15年前に“小顔にしてあげる”と白髪ピンピンの短めショートにしてくださったんです。くせ毛で毛量が多いからできるカットらしいんですけど、どこか女らしさもあって、一見似たような髪型の人を外で見かけても、やっぱり全然違う。友人からも好評だし、知らない人から“どこのお店でカットされてるの?”と声をかけられたことも何度もあります。髪型が決まれば自分も元気になれるし、ほかの人に褒められてうれしい気分にもなれる。この15年私が元気でいられたのは、川邉さん効果かもしれないですね