『獣になれない私たち』(c)日本テレビ
『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子によるオリジナル作品で、新垣結衣と松田龍平がダブル主演している『獣になれない私たち』(日本テレビ系・水曜夜10時〜)。頭でっかちな大人たちの恋や仕事に悩む姿をリアルに描いたドラマが佳境に突入。ひと筋縄ではいかない男女の機微“ラブかもしれない”結末とは?

ラブコメにあらず、リアルなラブかも

 新垣結衣と松田龍平が11年ぶりに共演し、ダブル主演するドラマ、通称“けもなれ”。脚本は、新垣主演の人気作『逃げるは恥だが役に立つ』を手がけた野木亜紀子のオリジナル。

“逃げ恥”のような楽しいラブコメディーをイメージしていた視聴者が多く、“そうじゃないんだ”という反響がとても大きかったですね。

 笑いの要素もありますが、本作で描いているのは、現代の男女のリアリティー、そして“ラブかもしれない”ストーリー。視聴者の方にも3話くらい見るうちにわかっていただけたようで、5話でやっと楽しみ方を理解してもらっているのかなと思います」

 と、松本京子プロデューサー。

 新垣が演じる晶は、誰からも愛され仕事も完璧な女性。一方、松田扮する恒星は常にロジカルで、女性にもモテる敏腕会計士。ふたりとも一見、人生うまくいっているように見えるけど、頭でっかちで本能のまま自由に生きられない。

 そんな晶と恒星が、行きつけのクラフトビールバー、5tapで偶然出会った。

 晶は仕事や結婚を考えている恋人の京谷(田中圭)、彼の家に住みついている元カノ・朱里(黒木華)のことで悩み、恒星はやっかいな仕事を抱え、いきなり結婚した奔放すぎる呉羽(菊地凛子)の真意を測りかねていた。

「上司や取引先を糾弾してスカッと解決したり、素敵な男性と出会って一瞬で恋に落ちたりするのは日常ほぼありませんよね。イチ社員が声をあげても会社の状況は簡単には変えられないし、変わっても戻ってしまうことが多い。恋に落ちない人はなかなか落ちないし、タイミングがあっても踏み出せないことが多い。

 本作では、ドラマチックな展開よりむしろ、そうしたリアルにこだわって丁寧に描いています。3歩進んで2歩下がる。でも1歩は進んでいるんです」(松本P、以下同)