左から松村さん、斉藤さん、秋元さん、佐藤さん、新内さん 撮影/阿部ちづる

「この姿で街を散策したら楽しそう。京都や金沢みたいな古都がいいかな」「初詣も行きたい! 毎年地元の神社に行くけど、お目あては屋台だから(笑)。キレイな格好できちんと参拝したら大人ですよね」 

 色鮮やかな晴れ着に身を包み、キラキラとした瞳でそう語ってくれたのは、アイドルグループ・乃木坂46の松村沙友理さんと秋元真夏さん。乃木坂46は、11月に発売した22枚目のシングル『帰り道は遠回りしたくなる』の初週売上げがミリオンを突破し、12月には初の海外単独公演も控えるなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。

 愛嬌あるパフォーマンスに加え、圧倒的美貌と清潔感を兼ね備えた彼女たちはモデル、映画、舞台、CM、バラエティー番組への出演など活躍の場を広げ、連日お茶の間を賑わせています。

自ら選んだ着物に大はしゃぎ♪

 まさにトップアイドルとして老若男女を魅了する乃木坂46から、前出の松村さん、秋元さんをはじめとして、新内眞衣さん、斉藤優里さん、佐藤楓さんの5人がこのたび、雑誌『新春すてきな奥さん2019年版』に着物姿で初登場。

「凛とする」「テンション上がる」「すてきな女性になった気分」と、満面の笑みで無邪気にはしゃぐ5人の姿を見ると、なんだか来年は、明るくハッピーな年になる気がしてきます。普段から工夫を凝らした衣装をまとう機会も多い彼女たちですが、着付けの際には予想以上に大興奮だったそう。

 実は今回の撮影では、振袖や髪飾りが何パターンも用意されている中から、それぞれが気に入ったものを選択。髪型も、ご本人たちのオーダーが反映されています。各々が “セルフプロデュース” を存分に楽しんだのち、斉藤さんは、

「私服はピンクや淡い色を選びがちなので、晴れ着はグリーンに挑戦してみました。明るい色みがパッと見たときから気に入りましたが、実際に着てみたら、振袖のかわいさや豪華さがより鮮やかに際立って驚きました」と大喜び! スタッフからも「顔が華やかに見えるね」と好評だったようです。

 こんな晴れ着選びの好みなど、5人の新たな一面が堪能できるスペシャル企画から、今回は『Estigmas』のためだけに、お宝アザーカットをいただきました。将来のダンナさんとの妄想劇も飛び出した、ドキドキの“ハレの日トーク”をお届けしちゃいます♪