赤木春恵さん

彼女のような役者さんはいませんよね。ユニークな優しさと、温かい厳しさを兼ね備えているような方でした

 赤木春恵さんの訃報に接した橋田壽賀子の言葉だ。11月29日、赤木さんは静かに94年の生涯を終えた。

「『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)で泉ピン子さんをいびる姑(しゅうとめ)がハマり役でした。橋田ファミリーには欠かせない女優さんでしたね。『3年B組金八先生』(TBS系)の校長先生や、NHK朝ドラ『おしん』の演技も印象的でした」(テレビ誌ライター)

 戦前の1940年に松竹ニューフェイスとしてデビューし、戦時中は満州での慰問団に参加して、一緒に旅をした故・森光子さんと親交を深めた。

町内会の行事にも

「森さんとは“ソウルメイト”だと言っていたほどの仲よしでした。私生活では'47年に東映プロデューサーの栄井賢さんと結婚し、娘さんを授かります。お孫さんの野杁(のいり)俊希さんは俳優になりました」(映画関係者)

 誰もが知る名バイプレイヤーとして活躍した赤木さんだが、地元では気軽に町内会の行事にも参加していた。

40年以上前から住んでいたんじゃないでしょうか。役員が“赤木さんが来てくれたら、みんなが盛り上がると思うんです”と言うと、進んで集まりに来て盛り上げてくださったんです」(近隣住民)

 不定期で催された親睦旅行にも、参加していたという。

便利とは言えない地域ですが、赤木さんは引っ越す気はないとおっしゃっていました。“この土地に来てから運が回ってきたの”とも話していて、地元にとても愛着があったようです」(同・近隣住民)

 近所の理容店にもよく顔を出していた。

「娘さんと一緒に来て“髪はカツラをかぶるから、顔のお手入れだけお願いします”と。何度か来るようになって“ここだと本当にゆっくりできるのよ”と言ってくださっていましたね」(理容店店主)

 孫の野杁俊希も一緒に来店したことがある。

「お孫さんがまだ芸能人になる前のことです。素敵な方だったので“お孫さんは俳優にならないんですか?”と聞いたんです。そしたら“芸能人は頭がよくないとこなせない。孫には難しいわね”って笑いながらお話ししていました」(同・店主)

 言葉とは裏腹に、実際は孫のことを愛情深く見守り、将来を気にかけていた。4年前ののインタビューで、本当の気持ちを語っている。