暴走車が止まった周囲を清掃する警察官=1日夜

「現場近くに住んでいるのに事件に気づかなかった。日中の竹下通りは若い人や外国人観光客でにぎやかだけれど、深夜になると人通りはほとんどないんです。大みそかの夜は、テレビで紅白歌合戦を見たあと寝てしまったので……」

 と近所の男性住民。

 東京都渋谷区の竹下通りで1日午前0時10分ごろ、大阪ナンバーの軽自動車が歩行者をはねながら約130メートル走り抜け、男性8人が重軽傷を負う事件が発生した。

思い出される秋葉原無差別殺傷事件

 運転していた男はフロント部分が大破した車をキャンディーショップ前に乗り捨て、事件を目撃した男性を素手で殴って逃走。約25分後、近くの代々木公園にいるところを警察官に見つかった。

「練馬区の19歳男子大学生は意識不明の重体。男は真冬とは思えない薄着姿で、灯油をかぶったにおいを漂わせていたため、職務質問を受けてスピード拘束された。すぐそばの明治神宮では初詣客の雑踏警備で警察官がうじゃうじゃいたから逃げられるわけがなかった」(全国紙社会部記者)

 警視庁によると、殺人未遂の疑いで同日逮捕したのは住所、職業とも不詳の自称・日下部和博容疑者(21)。

「同容疑者は“テロを起こした”などと話し、犯行動機について“死刑制度に対する報復だった”としている。昨年7月のオウム死刑囚13人の刑が執行されたことへの報復という情報もある。しかし、オウムとの関連性は判明していない」(同記者)