2020年に迎える東京オリンピック。しかし、つい100年ほど前までの日本には“スポーツ”という言葉もなかった。そんな日本から初めてオリンピックに参加した男と、日本に初めてオリンピックを呼んだ男がいた。彼らが胸に秘める、“平和の祭典”であるオリンピックへの熱い思いが、国を大きく動かしていく軌跡を描いた物語、『いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~』がスタート! 見どころをギュッとお届けします。

舞台はなんと“超”近代!?

 大河ドラマとしては、33年ぶりの近代が舞台の今作は“オリンピック”がメインテーマ。明治から昭和にかけて、日本のオリンピックをめぐって活躍した2人を中心とした物語を、落語を介して展開するという、今までにない斬新なストーリー。2020年に開催される東京オリンピックに向けて、さらに熱が高まること間違いナシです!

制作統括の訓覇圭氏

「脚本の宮藤(官九郎)さんと“大河ドラマで、オリンピックってありますかね?”と最初に雑談したのは、2年半ほど前のこと。以来、暇を見つけてはオリンピックの歴史を調べているのですが、その量が膨大。あふれる未知の情報に、不安とワクワク感が交錯する日々。はたして、宮藤さんと勘九郎さんと阿部さんで、どんな大河ドラマができるのか? ワクワク感が半端ではありません」(’17年4月、出演者発表時)

脚本はあの人!

 今作の注目ポイントのひとつは、脚本を務めるのが、あの宮藤官九郎であること! 2013年上期に放送され、作中の言葉である「じぇじぇじぇ!」が流行語大賞に選ばれるなど、大ヒットした連続テレビ小説『あまちゃん』以来、NHKでの脚本執筆は2度目で、大河を担当するのは今回が初めて。今作でも、新たな流行語が生まれる予感……!?

大河ドラマの脚本執筆を初めて務める宮藤

「本作は、大河ドラマであること以前に、自分にとっては初めての“実在のモデルがいるドラマ”で、その創作過程の違いが新鮮で楽しいです。2020年にオリンピックを体験するみなさんにとっても、リアリティーのある大河ドラマになるんじゃないかと」(’17年4月、出演者発表時)

なんと主役はリレー形式!

 前半の主役が勘九郎、後半が阿部と、1度で2度おいしい展開となっている今作。それぞれが演じる、実在した金栗四三、田畑政治がどんな人物だったのか、予習しておきましょう。

(c)NHK
金栗四三とは……?

 1891年~1983年。熊本県出身。1911年、翌年のストックホルムオリンピックに向けたマラソン予選会で、当時の世界記録を27分も更新するタイムを記録し、三島弥彦とともに日本選手として初めてオリンピックに参加した。戦争でベルリンオリンピックの開催が中止になってしまうなど、さまざまな困難を乗り越え、箱根駅伝の創設など日本のマラソン界を発展させ“マラソンの父”と呼ばれている。

(c)NHK
田畑政治とは……?

 1898年~1984年。静岡県出身。 東京朝日新聞(現・朝日新聞社)に入社し、新聞記者として活躍。同時に水泳の指導者としても活動し、オリンピックの日本代表監督なども務めた。また、戦後間もない時期からオリンピックの重要性を訴え、五輪招致活動に尽力、のちに日本オリンピック委員会(JOC)の会長も務め、日本のオリンピックの歴史を語るうえで欠かせない人物。