NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で、古今亭志ん生の弟子を演じているのが荒川良々。

「劇団『大人計画』の中核メンバーですから、宮藤官九郎脚本の作品では常連。名バイプレーヤーとして大人気です」(テレビ誌ライター)

 は'17年末に彼の映画デートをキャッチ。お相手は舞台女優の皆本麻帆で、このときすでに交際2年半だった。

「皆本さんは、'01年にミュージカル『アニー』の主役でデビュー。キャリアがありながら'14年に所属事務所が倒産し、アルバイトをしながら女優を続けていた苦労人です。熱愛報道後、女優業が軌道に乗り、昨年11月には日本テレビ開局65年記念舞台の『魔界転生』に出演していました」(芸能プロ関係者)

 お互い演劇が好きということもあり、『大人計画』メンバーの映画や舞台を、一緒に見にくることもあった。

ふたりは'14年に大人計画のミュージカル『キレイ~神様と待ち合わせした女~』で共演したことがきっかけで親密に。昨年で交際3年、 そろそろ結婚かもとウワサされていました」(同・芸能プロ関係者)

煮え切らない態度に……

 周囲から交際を応援されていたはずなのに、昨年秋ごろに破局していたという。

「昨年末、京都のスタジオでの撮影後に俳優同士で飲み会がありました。そこで荒川さんが“彼女と別れちゃって……”と寂しそうに話していたんです。驚きましたけど、みんなで元気づけましたよ」(映画配給会社関係者)

 いったいふたりの間に何があったのか。実は、皆本にはここ最近、結婚を意識するようになった出来事が。

熱愛報道後、舞台の現場でスタッフの子どもの面倒をみることがあったそうなのですが、そのうちに自分も子どもが欲しいと思い始めるように。ただ、荒川さんは結婚という未来のことを考えて交際していなかった。皆本さんとしては、そんな煮え切らない彼の姿を目の当たりにしているうちに、気持ちが冷めてきてしまったといいます」(舞台関係者)

 俳優仲間から、自分たちの関係について聞かれることも多くなっていた。

荒川さんは“恋人とはどうなの?”と周囲に聞かれても特に気にしていなかったんですが、皆本さんにとっては、彼は演劇界の大先輩。何と答えればいいのか、返答に困っていたようですね」(同・舞台関係者)

 荒川の所属する大人計画に破局について聞くと、

「特にコメントすることはありません」

 皆本の所属事務所にも問い合わせたところ、

大人なので本人に任せています

 との回答が。

 '18年2月に放送された『A-Studio』(TBS系)で、司会の笑福亭鶴瓶から結婚について聞かれ、「相手ありきのことですから……」と答えていた荒川。未来予想図を描くことができず、出会った舞台のように“キレイ”な結末とはならなかったようだ。

*タイトルに「皆本真帆」とありましたが、正しくは「皆本麻帆」でした。訂正して、お詫び申し上げます(2019年2月20日9時31分修正)。