画像はイメージです

 電車やバスで、街中で、あるいは職場で……。おじさんたちの不快な仕草を目にしたことはありませんか? おじさんに限定するわけではないのですが、なぜか気になるケースが多いのが不思議ですよね。

 そこで20〜30代の女性200人にアンケート! おじさんがしがちな仕草のうち、もっとも不快指数が高いものは?(協力:アイリサーチ)

思わず目を背けたくなる迷惑行為。
なかでも許せないのは?

■不快なおじさんの仕草TOP10
(全22項目から回答。1位3pt、2位2pt、3位1ptで算出)

1位 ツバや痰を吐く(282pt)
2位 くしゃみを手でふさがない/うるさい(175pt)
3位 咳をしているのにマスクをしていない(123pt)
4位 行列に平気で割り込む(83pt)
5位 口から謎の不快音を出す(81pt)
6位 わざとらしいボディタッチ(74pt)
7位 鼻毛や耳毛を指でつまんで抜く(66pt)
8位 お札を数えるときなどに指を舐める(57pt)
9位 貧乏ゆすり(49pt)
10位 人のことをジロジロ見る(48pt)

 2位以下に大差をつけたのは「ツバや痰を吐く」でした。たしかに、汚いものを目にしたくない人には最悪な行為ですよね。その飛沫が飛んできたらもう……。それが朝なら、早々に帰宅したくなります。

 また、2位に「くしゃみを手でふさがない/うるさい」、3位に「咳をしているのにマスクをしていない」も気分が悪いものです。そこから風邪やインフルエンザのウイルスに空気感染すれば、心身ともに最悪のダメージ……。そんな意味で、“実害”の大きい上位3項目には納得がいきます。

 4位に「行列に平気で割り込む」、6位に「わざとらしいボディタッチ」など、不快指数が高い行為が上位に来るのはよ〜くわかります。しかし5位の「口から謎の不快音を出す」は考えさせられるものがあります。

 謎の咀嚼音(そしゃくおん)やすするような音など、都会の騒音のひとつにおじさんの“さえずり”があります。実害は特になく、考えようによっては鳥の声と一緒なんですけどね。