昨年3月の不倫報道から、テレビで姿を見なくなっていた高橋由美子だが、近々、芸能界に復帰するという。

報道後の昨年4月に、前事務所との契約が終わってフリーランスになっていましたが、このたび『グランパパプロダクション』に所属が決まりました。

 生前、津川雅彦さんが代表を務め、朝丘雪路さんも在籍していた事務所です。高橋さんは今年の秋の舞台に出演予定で、現在は都内の美容皮膚科でメンテナンスにいそしんでいるという話ですよ」(芸能プロ関係者)

 出演するのは、9月14日から上演する『怪人と探偵』。

「江戸川乱歩の小説を原案とした舞台です。大怪盗・怪人二十面相と名探偵・明智小五郎が“世界でいちばんきれいな宝石”をめぐって対決するストーリー。昭和モダンの華麗なミュージカルですよ」(スポーツ紙記者)

 高橋は'89年に正統派アイドルとしてデビュー。

「“20世紀最後のアイドル”と呼ばれていました。完璧なルックスが人気を呼びましたが、見た目だけではありません。当時から歌唱力には定評がありましたよ。'98年には江角マキコ主演のドラマ『ショムニ』で演じた占いの得意なOL・日向リエが当たり役となり、女優としても評価が高まりました。復帰作がミュージカルというのは適切なチョイスでしょう」(テレビ誌ライター)

'98年に放送が開始された『ショムニ』(フジテレビ系)では、日向リエ役を熱演して話題に

 ただ、最近は歌手でも女優でもなく、バラエティー番組での活動が目立っていた。

「酒好きの豪快な“酔っ払いキャラ”という扱いでしたね。実際、'18年の元日に放送された『今夜くらべてみました』では、生放送中に飲みすぎて共演者に絡み一時、退席するハプニングも。『有田哲平の夢なら醒めないで』では、“20代のころに初めて会った男性と飲んで、目が覚めたらその人の家にいた”と武勇伝を披露していました」(同・テレビ誌ライター)

 かつての清純派のイメージが決定的に崩れたのが、昨年3月に出た『週刊文春』の不倫報道だった。

お相手は都内で和食居酒屋を2店舗経営する40代前半の実業家。もともと高橋のファンで、お互いが居酒屋で飲んでいて意気投合したそうです。'18年3月にラブホテルに入っていく姿が撮られ、別の日には2人で深夜までハシゴして飲み歩く姿が。

 最初は“飲み友達”と言っていましたが、『週刊文春』がウェブ上で公開した動画で“アタシ、もっといろいろやってっから!”“別に、もっと普通に恋愛をしてますので!”と、ほろ酔いでぶっちゃける様子が衝撃的でした」(前出・スポーツ紙記者)

 のちに高橋は不倫を認め、「理性を欠いた時間を過ごしてしまったのは確かです」

 と、事務所を通じてコメントを出した。