照明の変化に合わせられるようにと、バラや菊、マーガレットなど約1万5000本の花々で彩られ、まるでステージのよう 撮影/高梨俊浩

 4月3日に東京の青山葬儀所で、先月17日に亡くなった内田裕也さんのお別れ会『内田裕也 Rock'n Roll葬』が行われた。

「生前、裕也さんは“自分の葬儀は盛大にやってほしい”と話していたので、会場にはずっとロックが鳴り響いていました。

 集まったのは報道関係者とファン合わせて1700人。喪主は長女の也哉子さんが務め、薬丸裕英さん、郷ひろみさん、ビートたけしさん、竹中直人さん、北大路欣也さん、ダイアモンド☆ユカイさんといった豪華な顔ぶれが参列しました」(スポーツ紙記者)

 最後には、娘から最高のメッセージが贈られた。

「也哉子さんは“Fuckin' Yuya Uchida don't rest in peace just Rock'n Roll!!!(内田裕也のくそったれ。安らかに眠るな!)”と締めくくりました。裕也さんが最も喜ぶ言葉だとわかっていたのでしょう」(同・スポーツ紙記者)

 也哉子は父と暮らしをともにした記憶を持っていない。

「裕也さんは'73年に樹木希林さんと結婚。'76年2月に也哉子さんが生まれますが、彼の暴力が原因で、わずか1年半後に別居します。その後も裕也さんは浮気を繰り返し、離婚危機も何度か報道されました」(ワイドショー関係者)

 それでも、也哉子は両親が深い絆でつながっていることを理解していたのだ。

昨年9月、希林さんの葬儀での挨拶では、'74年に裕也さんが希林さんに送った手紙を読んで、彼が妻に感謝の念と親密な思いを抱いていたことに気づいたと話しています。今回も、希林さんは自分の夫がほかの女性と付き合うことに感謝していたことを明かしました。お互いにとって、欠かすことのできない存在だったんですね」(テレビ局関係者)

 希林さんは裕也さんへの思いを、今年2月に発売された『樹木希林120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』(宝島社)で語っている。