『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系) 月曜夜9時~

 窪田正孝が掟破りの天才放射線技師として奮闘する医療ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系/月曜夜9時~)。ヒット作『HERO』の監督が手がける作品で、念願だった月9に初主演する窪田が役作りに生かされたこととは−−。

運命的な映像化と
理想的な配役とは

 ヒモ男に殺人鬼、推理作家、刑事、ホストなど“カメレオン俳優”として、さまざまな役を演じてきた窪田正孝が、天才放射線技師・五十嵐唯織に扮して“月9”に初主演する医療ドラマ。原作は同名コミックで、ヒット作『HERO』シリーズの鈴木雅之監督が演出を手がける。

「“縁の下のヒーロー”たちの物語です。医療ドラマのなかでも、放射線技師が主人公として脚光を浴びるのは日本初となります。

 窪田さんには出演をオファーした際“月9で主演を務めるのが念願だった”とうかがい、窪田さんが30歳という節目の年齢にも運命を感じました」

 と、中野利幸プロデューサー。原作コミックを連載する『グランドジャンプ』の編集長は大学時代の同級生で親しかったが、今作が初めての仕事となるなど、さまざまな“運命”を感じ制作しているという。

「原作を読んだとき、すぐに唯織は窪田さんをイメージしました。と、いうのも原作者は作画のときに、窪田さんのお芝居から表情を参考にしたそうです。そして、唯織の姓は母親が離婚して“五十嵐”ですが、旧姓は“窪田”といいます。ですから、窪田さんの唯織役は、これ以上ないキャスティングです。

 さらに魅力的なヒロイン・放射線科医の甘春杏を演じる本田翼さんだけでなく、院長役の和久井映見さん、放射線技師長役の遠藤憲一さん、整形外科医役の鈴木伸之さんらイメージどおりの方々に出演を快諾していただきました。窪田さんと共演経験のある役者さんが顔をそろえているので、現場の雰囲気はクランクイン当初から良好です。

 20億円相当の高価なMRIなど、取り扱いに気を遣う放射線機器のセットのなかでの撮影は大変ですが、メンバーの仲がいいので乗り越えています」(中野P、以下同)