『パーフェクトワールド』フジテレビ系 火曜夜9時~ (c)カンテレ

 事故で車イス生活になった青年と、初恋相手の青年に再会した高校の同級生とのラブストーリー。障がい者と健常者との恋愛ドラマは過去にもあるが、プロデューサーが明かした今作のこだわりと見どころとは。

松坂桃李、30歳の“色気”

 大学時代に事故に遭い下半身不随になった青年が偶然、再会した高校の同級生と心を通わせるラブストーリー。原作は、有賀リエの同名コミック。昨年に『パーフェクトワールド 君といる奇跡』として映画化(出演・岩田剛典、杉咲花)された。

 ドラマ版では主人公で車イス生活となった1級建築士の鮎川樹役は松坂桃李、ヒロインでイラストレーターを夢見ていた川奈つぐみ役は山本美月がそれぞれ演じ、松坂と山本は初共演。

 連ドラで純粋なラブストーリーに初めて挑戦する松坂は、「新鮮で、うれしい面もあれば、表情が崩れるような正直こそばゆい面もあります」とコメント。

 制作する関西テレビの河西秀幸プロデューサーは、経緯についてこう語る。

松坂さんとは4年前に『サイレーン』でご一緒したのですが、そのころからラブストーリーをやりたいと考えていました。松坂さんのマネージャーさんと、松坂さんにとっても役が合う! と意気投合したのが『パーフェクトワールド』でした

 30歳になった松坂の“色気”にも期待を寄せる。

「30歳は余裕も出てきたけれど、若いころから引きずっているものも見え隠れする年齢。今作の樹は、これまで松坂さんが演じてきたさまざまな役(プレーボーイ、娼夫、刑事など)が血肉となっているのを感じます。

 ナチュラルな好青年役を演じるのはかえって難しいと思いますが、30代ならではの魅力、色気のある演技をしてくれています。

 わかりやすい“色気”では、樹とつぐみのキスシーンですが、樹が投げかける言葉、つぐみの言葉を受けとめる樹の仕草や表情などにもドキドキするはず。撮影現場でもキスシーン以上に“今のセリフの言い方、カッコいい!”などと歓声が上がっています(笑)」(河西P、以下同)