yase0416

 今年3月、日本全国の『隠れメタボ』が推計914万人にものぼるという衝撃のデータを厚生労働省の研究班が発表。この研究では、メタボの人数と同じくらい、隠れメタボが存在しているという。

 しかも、隠れメタボもメタボと同じく、命を脅かす重大な病気のリスクが大きいというのだ。メタボは健康な人に比べて心臓病になるリスクが1.45倍高く、隠れメタボも1.23倍高いと発表している。

 でも、この聞き流せない隠れメタボとは、いったい何? 健康科学に詳しい『東京慈恵会医科大学』の和田高士教授に聞いてみた。

「隠れメタボとは、肥満でなくても、高血圧、高血糖、脂質異常などの異常が2項目以上存在する状態のことです」

 現在のメタボの診断基準は肥満が前提だが、なんと、やせていてもメタボにあたる可能性があるということだ。

「今まで内臓脂肪型の肥満に注目が集まっていましたが、それ以外にもメタボの原因があるということです」

 今回の研究は、1997年~2012年の15年間に『国立長寿医療研究センター』が実施した40歳~79歳の男女約4000人の研究調査データを解析。海外発のデータだと日本人は違うんじゃない? と思うが、今回の研究はバッチリ日本人が対象。

 しかも、対象年齢も読者世代、自分と照らし合わせて考えてみよう。現在のメタボ健診の基準値は、腹囲が女性の場合90cm以上、男性の場合85cm以上かつ、血圧、血糖値、脂質の異常が2項目以上ある場合にメタボと診断。

 しかし、今回は腹囲が基準未満で体格指数(BMI)が25未満でも、高血圧、高血糖、脂質異常のうち、異常が2項目以上ある人が、男性が10%、女性が13.6%存在したという。