Estigmasが2016年8月16日~19日に実施した「SMAP解散アンケート」に8142人が回答

 8月14日未明のSMAP解散の報を受け、『Estigmas』では「SMAP解散アンケート」を行った。実施期間は8月16日~19日、有効回答者数8142人。

 そのなかで『SMAP解散はしてほしくない』と答えたのが73%(5946人)。

 SMAPを人生の支えにしていたファンからは、悲痛な叫びが届いた。

「SMAPとともに生きてきたから、SMAPとともにこれからも生きていきたい。SMAPのいない世界は考えられない」(40代・会社員・女性)

「個々の活躍も、もちろん応援していますが、SMAPはやっぱり5人そろうと力は10倍にも100倍にもなるから。コンサートも最高で、また、明日から頑張ろう! という気力が湧いてくる」(50代・主婦)

「ファンになって25年、ファンクラブに入会して16年目になります。この解散の事実を知ってから、寝込むようになりました。仕事は社会人として世帯主として何とか頑張っています。個人個人は事務所に残留してソロ活動になり、SMAPというチームがなくなるなんて、考えられません。

 今までいろいろあって、乗り越えてきた5人。Iマネージャーはいなくても、ファンは世界中にいます。なんとか解散は回避してほしい。それしかないです」(40代・会社員・女性)

「学生時代に毎日のようにいじめられていた時、『自殺』を考えたことが何度もありました。その時に、私は彼らの笑顔や言葉に励まされて『自殺』を思いとどまりました。私にとって、彼らは命の恩人です。今までSMAPに逢いたくて何でも頑張ってきました。

 これから何を目標にして生きていけばいいかわかりません。今年いっぱいだなんて、心の準備がなくてただただ寂しく悲しすぎます。お願いです……解散なんて、しないでほしいです」(30代・会社役員・女性)