Estigmasが2016年8月16日~19日に実施した「SMAP解散アンケート」。”紅白歌合戦”に出てほしいか聞いた

 8月14日未明のSMAP解散の報を受け、『Estigmas』では「SMAP解散アンケート」を行った。実施期間は8月16日~19日、有効回答者数8140人。

そのなかで、『紅白歌合戦』に“出場してほしい”と答えたのが74.65%(6081人)、“出場してほしくない”と答えたのが25.25%(2059人)。

 “出場してほしくない”派の意見で一番多かったのは、”ギクシャクしたメンバーを見たくない”という声。ファンがメンバーを思う気持ちがうかがい知れる。

「メンバーが楽しんでいるとは思えないので、そんなSMAPが見ていられない」(50代・自営業・女性)

「最後にパフォーマンスを見届けたいというのが正直なところですが、この状況で『紅白歌合戦』という大舞台に立たなければならない彼らの気持ちを考えると辛すぎるので、あまり期待はしたくありません。

(中略)5人で出られないからSMAPが解散するのですから、割り切って無理してのパフォーマンスなんて、見たくないです。また落ち着いたら、5人そろってステージに上がる日が来ることを、ずっとずっと願っていきます」(20代・会社員・女性)

「結局、雰囲気の悪い瞬間を見せられて終わるなら出ないほうがいいし、楽しくできるなら、解散の意味はない。どちらに転んでもいい気持ちにはなれないから」(30代・会社員・女性)

「今の5人が歌う姿を見るのは、辛い。やはりファンは5人を見て、楽しみたいし、癒されたい。こうなってしまった5人にはファンに、何も届けることはできないと思う」(40代・会社員・女性)