現代のリアルな就活生の姿が描かれた映画『何者』(10月15日より全国ロードショー)で、主演の佐藤健は“冷静分析系男子”の拓人を演じた。

「この映画は、“前を向ける内容だった”という人もいれば“絶望的すぎて見ていられなかった”という人もいて。感じ方がそれぞれまったく違うらしいんです。いろんな感想を聞くことができるので、すごく楽しいですね」

本文を読む