天皇・皇后両陛下の長女・紀宮清子さま

黒田慶樹さんと結婚記者会見をする清子さん('05年11月)

 結婚から12年になる天皇・皇后両陛下の長女・紀宮清子さまにも共通する部分はあるようだ。兄・秋篠宮さま(51)の学習院時代の同級生で東京都職員の黒田慶樹さん(52)と'05年に結婚した清子さん。東京・目白の“億ション”に暮らし始めて10年近くになるが、

「最近、清子さんをあまり見かけなくなりました。引っ越したのでは?」

 と話す近所の主婦がいる一方で、近くのスーパーではこんな様子も目撃されている。

最近は日曜に、清子さんとご主人とご主人のお母さんの3人で仲よく買い物をしているところを見かけます。清子さんとお姑さんのふたりのときもありますよ。ご夫婦で面倒をみているのかもしれませんね

 慶樹さんの実家である東京・原宿のマンションから母・壽美子さんはすでに引っ越しているので、夫妻が面倒をみているのだろう。

「清子さんは自らの運転でよく実家である皇居に赴き、両陛下のご機嫌もうかがっているので、両家の母親の面倒をみているということですね」(皇室ジャーナリスト)

 清子さんは、専業主婦的な仕事だけではなく、'12年には、三重県・伊勢神宮の臨時祭主にも就任している。

「'13年の伊勢神宮の式年遷宮にあたり長年、祭主だった天皇陛下の姉・池田厚子さんが高齢で負担が重いということで、清子さんが臨時を務めました」(宮内庁担当記者)