街には激論の種があふれてる! 私の“フツー”は誰かの“ヘン”!? 『』読者200人に意識調査したそれぞれの“流儀”は一体? 「電車でメイクってそんなにダメ?」「家でブラジャーする?」など、女性の身だしなみを中心に調査した。

30歳を越えたらすっぴんはマナー違反?

●YES…18%
●NO…56%
●それ以外…26%

 女優・深田恭子が「30代がすっぴんで人と会うのはマナー違反」と発言、世の女子たちを震撼(しんかん)させた。的にはNOが半数以上でホッとした読者も多いかも!? 「本人がよければいい」「人それぞれ」という意見のほか、「時と場合による」「会う人との関係性による」などTPO次第という回答。

30歳過ぎたら、すっぴんで人と会うのはマナー違反?

 YES派は「ある程度の場所ではメイクするのはマナーだと、学校で教わった」「女性としてすっぴん外出はない」。また「すっぴんで勝負できればしたいさぁ(心の叫び)」「キレイならいい。私は自信ないので周りのためにお化粧します」と、キレイなら許されるという切ない回答も。

「就職の面接では20代であれ30代であれNGです。自己を評価してもらう場で身だしなみができないなら、社会人失格です」

 と語るのは大手就活エージェント勤務のTさん。マナー関連の著書も多いマナーデザイナーの岩下宣子さんも手厳しい。

「裸で人と会えるかという話。せめて眉毛と口紅を」

電車内でのメイクどう思う?

「オマエの部屋かよ(怒)!」
「見ていておもしろい」

 昨年、東急電鉄が車内でのメイクを控えるよう呼びかけるマナー広告を発表。これに対し、ネットで賛否が大きく分かれ話題に。そもそも“車内でのメイク”の歴史は意外に古く、昭和を代表する文豪、谷崎潤一郎の小説『細雪』の一節にも出てくるほど。さて、賛否両論の車内でのメイク、読者はというと─。

 大多数が批判的という結果に。「みっともない。最悪」「恥を知れ!」などの厳しい意見から、「化粧直しぐらいなら、まぁ……」「口紅がギリ」と程度によっては大目に見る、「忙しいのはわかるけど、せめてお手洗いでしよう」「寝坊したのかなぁ、と思うけど自分はしない」と心情は察しつつNGという意見が。

 逆に「どうでもいい」「器用だなぁ」といった気にしないという意見も少数いる様子。そのほか「すっぴんにマスクでとりあえず出社して、時間ができたらトイレですれば?」という提案も。とにかく、車内でのメイクは批判覚悟で! ということのようで……。

スウェットなど地元着でどこまで行く?

「ゴミ出しでギリ」
「半径10キロ圏内」

 流行中の“ワンマイルウエア”=地元着。しかし、「家を出れない」「自宅の郵便ポストまで」と多くの人にとって地元着は、ほぼ自宅限定。外出する人でも「近所のコンビニ・スーパーまで」が大多数で「どこまででも」というツワモノはごく少数。“地元着=部屋着”で外出時には着替えるもの、という認識が世代流!? 人気おネエ系スタイリスト・矢部義浩さんによると、

「私もワンマイルウエア否定派よ! あんなもの、パチンコ連チャン中のオバハンじゃない。最近のゲイの流行りは(下着をつけずスウェットをはく)“ノーパンスウェット”だけどね♪」