舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第9回は、和合真一さんが黒羽麻璃央さんを指名! 『』本誌(2017年5月23日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

写真左から和合真一、黒羽麻璃央 撮影/森田晃博

和合ちゃんの部屋にはオールスケルトンのシャワールームがある

――黒羽さんは和合さんの家には何回くらい行ったことがあるんですか?

和合 3回くらい来てるよね。

黒羽 うん。面白いんですよ、彼の家は。バスルームが透けてるんです(笑)。

和合 部屋の中にボンとオールスケルトンのシャワールームがあるんですよ。

黒羽 そうそう。ホテルみたいな感じだよね。パソコンが置いてある仕事もできるようなスペースもあって、大人な部屋って感じ。

和合 大人だから(笑)。

――和合さんの部屋では何をして過ごすんですか?

黒羽 カラオケしたよね。家にカラオケがあるんですよ(笑)。

和合 ウチ楽器OKの防音の家なんで、もうガンガン音鳴らして。『刀剣乱舞』の曲歌ったよね。ウェ~イ! って(笑)

黒羽 あと、一緒に舞台『黒子のバスケ』のDVD見たりとか。

和合 特典映像とか見て笑ったり、バスケできない和合の姿を見たりとか(笑)。でも、麻璃央はだいたい眠くなると(夜中の)3~4時くらいで帰っちゃう。

黒羽 寝るときはやっぱりウチがいいから。

――お互いから見て、それぞれどういう人ですか?

黒羽 いやもう、新人類(笑)。会ったことないタイプです。一番驚かされたのは、この性格もそうですけど、意外とかわいい動きをするんですよ、バスケとかで(笑)。

和合 ああ~。かわいい動きというか、スポーツ音痴なんです(笑)。

黒羽 バスケの得点入れるときの動きが、『アメトーーク!』とかで見るような動きというか(笑)。

和合 いつのまにか両手両足が一緒に動いてたりね(笑)。

黒羽 本番ではもちろんちゃんとやってるんですけど。

和合 それでほんとにゴールが入らなすぎて、ゴールの真下で俺がずっと狙い続けて、「和合! 頑張れ~」って周りでみんなが応援し続けてくれて(笑)。

黒羽 愛されキャラといいますか、一種のゆるキャラみたいな感じ(笑)。

――黒羽さんは和合さんから見てどんな人ですか?

和合 クラスのムードメーカー的な人っていうのもそうなんですけど、『黒子のバスケ』で海常高校チームの平野宏周も言ってたことなんですけど、俺が陰だったら麻璃央は陽だって。ほんとは、「和合くんが悪で麻璃央くんは正義ですね」って言ってたから、それは違うぞって(言い返したら)、陰と陽だろうって言い直したんですけどね(笑)。

黒羽 アハハハハ!

和合 だから例えばヒーローものだったら絶対レッドだし、ほんとに熱血というか……。誰にでも愛される素質を持っているからこそ、やっぱりこの業界でもみんなから愛されるんだろうなと。それって本人の生まれ持った魅力だと思う。

―愛されキャラ同士ですね。

黒羽 そうですね。アハハハハ!

和合 でも愛され方がちょっと違いますけど(笑)。