約5か月前、『』本誌の「生イケメン対談」連載の初回で、「ディズニーに行きたいね」と語っていた宮崎秋人と小越勇輝。その希望が、ディズニーリゾートの大人気イベント「ディズニー・イースター」への潜入記事で実現!(関連記事の1本目でご覧になれます)

 ここでは、プライベートでも仲のいいふたりに、前回の対談から変化したことを聞いた。

左から宮崎秋人、小越勇輝 撮影/廣瀬靖士

初めて、ドラマの『弱虫ペダル』で絡む

──次に共演するのが、BSスカパー!オリジナル連続ドラマ『弱虫ペダル』の続編。自転車競技部に入り、全国トップをかけて争う高校生たちの物語です。小越さんは総北高校に通う主人公の小野田坂道を演じ、宮崎さんは常にトップにいるライバル校の新開隼人役ですね。

宮崎 今度はインターハイ(自転車レースの全国大会)で、ハコガクも本格的に走り出すので、前回以上に、みんなで協力してペダルに挑む気持ちが強まってますね。やっと走れるなって思ってます。

小越 今回は、一緒に走るシーンが増えると思うので、楽しみです。今まで、『弱虫ペダル』で絡んだことないし。

宮崎 ね。ないね。

小越 すごくハードになると思いますが、信頼できる人がいるので、助け合いながらやっていけたらなって。

──ふたりとも、舞台『弱虫ペダル』を経験していて、かなりハードなことも難なくこなせそうな印象ですが……。

宮崎 舞台は正直、2時間、頑張ったらいい。そこに集中して、瞬発力と集中力で乗り切るんですけど、撮影は長期間だし、1日の中でも走る時間は相当長いから、そこは違う大変さがあるだろうなって。映像も、流れる景色とかあるから、ある程度の速さがないと。そこはウソがつけないなって思いますね。小越は両方やってどうだった?

小越勇輝 撮影/廣瀬靖士

小越 朝から晩まで撮影が長いし、それがずっと続いて、セリフを覚えるのに追われることもあります。自転車のシーンでいうと、朝イチの撮影はキツイ。身体がまだ起きてないし。カメラが回ったら、止まってくれないから、つらくてもついていくしかない。漫画で表現されていることで、実際にできることとできないことがあって、舞台だからできることもあったりするから、そこをどう映像で表現していくかって難しさもあります。安全にもすごく気をつけないと、自転車って一瞬で事故になっちゃうから。

宮崎 もう自転車に乗る練習はやってるんです。前回は、やれヒルクライム(山岳コース)だ、スプリント(平坦でスピードが出るコース)だってシーンはなかったもんな。

小越 今回、すごいよ。

宮崎 専門的なところに特化した部分を選手としてより強く見せなきゃいけないのは、大変だと思います。どこまでスピード出せるかって。ただ、美術スタッフさんと呼吸を合わせないと、撮影車に突っ込むだけなので。

小越 下りだと、自転車が車に勝っちゃうんです。追いついてっちゃうんで、スピード感は残しながら、ブレーキを少しかけたりしてました。