婚約が決まり、会見を行った小室圭さん

小室さんの誠実さや折り目正しさが報じられてきましたが、横浜から眞子さまを赤坂に送り届けてから、また横浜に戻るエスコートぶりには驚きました

 ある皇室関係者がそう話すのは、半年前の『』で報じた秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約者・小室圭さんのデートを伝えた記事のこと。

 昨年の10月2日、神奈川県横浜周辺でデートを終えたふたりが横浜と東京をつなぐ東急東横線内で仲睦まじくされながら、眞子さまのお住まいがある銀座線の青山一丁目駅で降車された様子を報じた。

 『』はそんな微笑ましいカップルを静かに見守ってきたが、5月16日にNHKのスクープで、おふたりが近く婚約されることが報じられた。

 冒頭の関係者が続ける。

小室さん宅の最寄り駅は、横浜駅から15分ほどの大倉山なのに、1時間はかかる秋篠宮邸まで送り届け、とんぼ返りするのは大変だと思います。眞子さまには皇宮護衛官もついているのに

 もっとも、小室さんにとってそんな時間こそが楽しかったのかもしれない。

 5月17日の朝、小室さんは、その大倉山から車に乗って勤務先の法律事務所へ出発。つめかけた多くの報道陣に深く頭を下げて取材に応じた。

「今日の朝、電話で“行ってきます”“行ってらっしゃい”といった軽い会話をさせていただきました」

 記者からの質問に対して多くは語らなかったが、恋人とのつかの間の“甘い”やりとりを明かしてくれた。

小室さんは国際基督教大学(ICU)の出身で、眞子さまとは同級生。1度は大手銀行に就職するも、ほどなくして退職したそうです。

 現在は一橋大学大学院の国際企業戦略研究科に在学し経営法務を学びながら、東京都中央区にある法律事務所でパラリーガルとして勤務しています」(皇室担当記者)

 現在は母と祖父との3人暮らし。東京都国立市にある音楽大学の付属小学校を卒業後、中学・高校は品川区にあるインターナショナルスクールに通っていて英語が堪能。

 大学1年の夏には、神奈川県の藤沢市観光協会が主催する『湘南江の島 海の女王&海の王子』にも就任している。“海の王子”の同期・柏木元気さんに話を聞いた。