'06年にハワイで挙式したふたり。妻が共犯に問われる可能性も

「本件、控訴を棄却する」

 昨年10月に一審で3億9000万円の支払いを命じられた羽賀研二受刑者。それを不服とし控訴したが、大阪高裁は5月11日に一審の判決を支持し控訴を棄却した。

「羽賀は被害者であるY氏に医療会社の未公開株を“会社が破綻したら責任を持つ”という約束で、元値の3倍である3億7000万円で売りつけた。だが、会社が破綻しても金を返すどころか、暴力団関係者を使って脅し、1000万円に棒引きにする書類に判を押させたのです」(全国紙記者)

 '07年6月に、羽賀は恐喝未遂・詐欺の容疑で逮捕。'13年に最高裁で懲役6年の罪が確定し、現在は沖縄刑務所に収監中だ。

 また、株購入代金の返金を求めた民事訴訟でも一審、二審と羽賀が敗訴しており、Y氏も安堵していると思いきや、

「今年1月に羽賀が沖縄に6つの物件、合計4億円ほどの不動産を所有していることがわかりました。だが、ほぼ同時期に彼は名義を妻に書き換えているんです。刑務所に入っても、まったく反省していない。それどころか、お金を返したくないからと、まだ僕を騙そうとしている。梅宮辰夫さんが言っていましたけど、まったく彼は“希代のワル”ですよ」

 と、怒りを隠さない。

 羽賀が、生まれ故郷の沖縄に不動産を隠し持っていることが発覚したのは、今年はじめのこと。『』は1月10日から沖縄で現地取材をスタートさせたが、その翌日に6つの物件が一斉に羽賀から妻の名義へ財産分与という名目で書き換えられたのは偶然なのだろうか……。

「羽賀さんが所有している3つのビルは海沿いの有名リゾート地にあり、米軍基地も近く夜はにぎわっていて、テナントは常に埋まっている。それに、住居も米兵などに貸していて、相場より高い家賃で借りてくれるんです。

 また、そのほかに2つある借家も借り手がついており米軍基地へ貸している土地もひとつある。家賃の取りっぱぐれがないような玄人好みの不動産投資ですね。これなら家賃収入も月々300万円くらいはあるのでは」(地元の不動産屋)

 だが、羽賀は4億円ともいわれる不動産を持ちながらも、法廷ではそれを隠し続け、お金に窮していると主張し続けていた。