ココリコ・田中直樹

 GW真っ只中の5月2日、ココリコの田中直樹さん(46)が妻の小日向しえさん(37)との離婚を発表しました。

 業界では“おしどり夫婦”と見られていただけに、芸能記者もまったくのノーマークだったようです。さらに、親権は母親が持つことが8割以上とされる中、ふたりの子どもの親権は田中さんが持つということで、小日向さんの“不倫”が噂されています。果たして事の真相は!? 恋華先生、教えてください!

ふたりの相性は抜群! なのになんで離婚?

「このふたりは“交際期間ゼロ”で結婚してるので性格の不一致なのかな? と思って占ってみると、ビックリするほど好相性なんですよね。SEXの相性も最高です。

 占い的な相性は言うことなしなんです。じゃあ、一体何があったのか? ですが、離婚のキッカケが小日向さんにあるのは確かな様子。ハッキリと田中さん以外の男性が見えるわけではありませんが、彼女の気持ちが家の外に向いていることは確かです。

 家を夜遅くまで空けることもあったんじゃないでしょうか。彼女は非常に社交的で話し好き。行動力も抜群で上昇志向が強い。子育てが少し落ち着いてきたことで、自分の第二の人生について考え始めたのかもしれません」

 小日向さんは2003年、22歳のときに田中さんと結婚し、翌年には長男が生まれ、その4年後に次男が生まれています。20代30代とずっと“母親”として振る舞ってきたので、ここにきて“ひとりの女”でもいたい自分がいることに気づいたのかもしれません。

超多忙で家にいない夫。孤独を感じる妻

「田中さんは優しい印象を持たれるのですが、内面はかなりの頑固者。根は善良で頭もいい人なのですが、自分のルールに対して潔癖な部分があります。

 彼は小日向さんにはずっと“母親”でいてほしかったようなのですが、彼女としてはずっと家族の母親でいるのはストレスだったのかもしれません。

 また、田中さんは多忙で家にいないことが多かったようなので、小日向さんとしてはひとりで子育てをしている感覚で、孤独を感じていたのでしょう。寂しさから気持ちが外に向いてしまうことは、珍しいことではないですよね

 憶測が憶測を呼んでいる状況ですが、世間の注目度の高さがわかりますね。ネットでは以下のような声がありました。

「親権が田中ということは……やっぱ嫁の不倫? 育児放棄?」(30代・サラリーマン)
「コンビ揃って離婚しちゃったのね!」(40代・OL)
「田中さん多忙なのに、どうやって子育てするんだろ?」(30代・OL)


占い師:恋華  ◎小学6年生のとき高熱で1週間寝込み、それからというもの“見えないもの見えないもの”が見えるようになり、“聞こえない言葉”が聞こえるようになる。以降、スピリチュアリズム、占い、哲学、東洋思想などに傾倒し、大学生になる頃には街角で占いを行うようになった。現在は一般鑑定はほとんど行っておらず、主に会社経営者など“孤独”と向き合う人たちの個人アドバイザーとして、能力を使っている。主に四柱推命とシックス・センスによって鑑定。

<取材・文/むろ小町(占いEstigmas)>