安心・安全・新鮮、珍しい食材も!

 庭や畑がなくても、ベランダやキッチンなどのちょっとしたスペースで気軽に始められると人気の家庭菜園。以前は40~60代の少し時間に余裕ができた層が中心だったが、最近は少し変化が出てきたという。

サカタのタネ広報宣伝部長・清水俊英さん「上手に育てれば1株でこんなに収穫できますよ」

「横浜の店舗では、これらの層にプラスして、お子さん連れのファミリーも増え、全体的に若返ってきたように見受けられます」と語るのは『サカタのタネ』広報宣伝部長の清水俊英さん。

 家庭菜園の魅力はいくつもあるが、まずは何といっても育てる楽しみがある。自分の手で育てるので安心・安全。しかも収穫したての新鮮野菜、ハーブが食べられるのだ。また、スーパーや青果店ではお目にかかれない、レアな部位を味わうこともできる。

「例えば、ブロッコリーの場合、私たちが普段お店で買って食べているのは茎のいちばん上にできる頂花蕾という部分。頂花蕾収穫後に、茎の途中にできるのが側花蕾。これは一般にあまり出荷されませんが、とても美味ですね。また、コマツナやチンゲンサイはすべての株を一斉に収穫せず、いくつかを残しておくとナノハナのようなつぼみが出てきます。このつぼみをおひたしや天ぷらにすると美味しい! ナノハナよりも苦みが少なくて子どもたちにも好評です」(清水さん)

 家庭菜園はコスパ的にはどうなの? という点も週女読者としては気になるところ。そこで清水さんに、キュウリを苗から栽培したケースを例に、簡単に見積もってもらった。

「コストパフォーマンスは、腕次第といってしまえばそれまでなのですが……(笑)。苗で約300円、土や肥料で約1000円、プランターや鉢で約500円として、合計2000円弱。収穫期間は2~3か月で1株20本ほどでしょうか。ちなみにミニトマトの場合も費用は同じで、120~150個程度の収穫が見込めます。もちろん腕を上げれば、それ以上を収穫することも可能ですよ」

マニュアルはひとつに絞る

 とはいえ「やってみたいけど、うまく育つ気がしない」「何から手をつけたらいいかわからない」と悩む家庭菜園ビギナーも多いはず。マニュアルどおりに育てれば、誰でも気軽に楽しめると清水さんは太鼓判を押す。

「家庭菜園は料理と似ています。初めて作る料理はレシピ本などを参考にする人が多いはず。家庭菜園も同じです。まずは、マニュアル本や育て方のウェブサイトに従って育てることが、成功の早道です」

 このとき注意しなければいけないのが、マニュアルをひとつに絞ること。野菜は育て方に哲学があるため、著者によって異なる部分が出てくるのだという。複数のマニュアルを参考にすると、かえって疑問や不安が出てきてしまうのだそう。

「料理も基本のレシピを覚えてから、少し塩を多く、砂糖を控えめに……など各家庭の好みの味にアレンジするものです。家庭菜園もこれと決めたら、まずは、そのマニュアルどおりに育てることが大切。ぜひ参考にしてほしいのが、種のパッケージ裏に記載されている育て方マニュアル。短い文章で的確に栽培方法が書いてあります。初心者にもわかりやすいと思います」

 と清水さん。ただ、それでもうまく育たないケースの場合、

「マニュアルを見直していくと、日当たりが悪い、水の量が多い、土が少ないなど、うまく育たないのには必ず何か原因があるので、そこを微調整しながら、あきらめず2度、3度はチャレンジしてみてください