柳楽優弥 撮影/伊藤和幸

「馬は大好きで、『許されざる者』という映画でお世話になった乗馬クラブの“師匠”と呼ばれている方が可愛がってくれたので、よく乗りに行ってたんです。ここ3年前くらいですね。その師匠から、“いつか大河の主役をやるために馬を買ったほうがいい”とすすめられて買っちゃいました。ただ、今回馬に乗るシーンはないんですけどね(笑)」

 憧れの大河ドラマ初出演への思いを笑顔で語る柳楽優弥(27)。大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK総合 毎週日曜 夜8時ほか)で演じるのは、派手な衣装がひときわ目立つ龍雲丸。直虎(柴咲コウ)の恋心をくすぐり、次第に深くかかわっていくことになる盗賊団の頭だ。

「もともと柴咲さんのファンで同じ事務所に入ったくらいなので、この展開は非常に光栄です(笑)。1度、(小林)薫さんや財前(直見)さんに仕切っていただいて、みんなで食事会に行ったんです。普段、撮影していて、食事をしながら作品について話し合う機会ってあまりないじゃないですか。そういうことができるのは、長期間みんなで一緒にいられる大河ならではだなって思いました」

大河ドラマ『おんな城主 直虎』より (c)NHK

 盗賊団のメンバーは個性的な面々が勢ぞろい。そのため、撮影前は不安がよぎったんだとか。

「マキタスポーツさんや真壁刀義さんとか、みなさんキャラが強い人ばかりじゃないですか。なので、最初は“仲よくなれなかったらどうしよう”って本当に心配で。でも実際はすごくフレンドリーな方ばかりだったんです。最近は“真壁さんのプロレスの試合に行こう!”ってみんなで盛り上がっていて(笑)。軍団としてすごくいいチームになってますね」

 型破りなキャラクターながら、実は過去のある出来事にとらわれていて、その謎が次第に明らかになっていく龍雲丸。柳楽自身も演じるうえで、共感できる部分があると話す。

「僕も過去にとらわれた時期があって。14歳でカンヌ国際映画祭で主演男優賞をいただいて(是枝裕和監督の『誰も知らない』)すごくうれしかったんです。でも、10代後半になり同じ賞を取っているのが世界的にスゴイ活躍している人ばかりなのに気づき、かなうわけもないのに自分と無駄に比べてしまって……」

 そこから周りも見えなくなり、もがく日々を送ったが、やがて光が見え次第に出口が……。

「節目ごとにいろんな方々に出会えたことが、すごく大きかったです。いいアドバイスをいただいて考え方が変わってきて、これじゃダメなんだって思えた。だから今の自分があるんだし、それは本当に感謝しています」