「かく・れん・ぼう」の方が自発的な人材が育つ

 「ほうれんそう」という言葉は、ビジネスパーソンの常識になっているのではないかと思います。「報告」「連絡」「相談」のそれぞれの頭の文字をとって「報連相(ほうれんそう)」というわけです。1982年頃、当時の山種証券(現・SMBCフレンド証券)の山崎富治社長が発案し、社内で「ほうれんそう運動」を始めたのがキッカケだということです。

この連載の一覧はこちら

 なぜ、ほうれんそうを思いついたのか。山崎さんご本人は「お風呂に入っていたときに思いついた」、あるいは「雨の日曜日に自宅でぼんやりしていたときに思いついた」と言われているようです。

 それで、正確なところはどちらなんだ、いや、他のときなのではないかという具合に論じたりしている人もいるようです。実際に言ったのは、山崎富治さんではなく、父親の種二さんだという説まであります。

ほうれんそうはムダ?

 まあ、そのようなことはどうでもいいこと。こういうたぐいの話は、本人の記憶も定かではない場合が多いので突き詰めても仕方がありません。とにかく「報告と連絡と相談」が大事だということを、的確に表現したということでしょう。

 「ほうれんそうは不要」という考え方もあります。どこそこの会社を回りました、パンフレットを置いてきました、という日報のようなことを連絡したり、されたりするのは時間的にも無駄である、「結果」を報告することは必要だがいちいち「プロセス」についてまで「ほうれんそう」をする必要はないということのようです。

 確かに「ほうれんそうをする時間があればもう1件、お客さんのところを回ったほうがいい」「営業報告を行うためだけに会社に戻るのはナンセンス」という考え方は、一見、理にかなっています。しかし、部下を育てる、あるいは大きな間違いをしないように指導するという観点からすれば、やはりきめ細かい「ほうれんそう」は捨てがたい意味を持っているように思います。