舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第12回は、荒木宏文さんが松下優也さんを指名! 『』本誌(2017年7月4日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から荒木宏文、松下優也 撮影/森田晃博

優也に合いそうな女性はものすごいエロい人(笑)

――本誌掲載の対談で松下さんは、荒木さんが女性からの好意に鈍感だと言っていましたが、私から見ると、荒木さんは女心に敏感そうに見えますよ。

松下 荒木くんは穏やかやし余裕もあるから、女性からするとたぶん、行きやすいと思うんですよ。

荒木 おお~!

松下 でも、なんかね~僕の勝手な想像ですけど、その子がほんまにすごく荒木くんのことが好きで、じゃあ荒木くんの家に行きましたってなっても、たぶん何もないまま終わっていくんやなって(笑)。

荒木 アハハハハ! いや、そうなりますね(笑)。そんなシチュエーションになる前に、早めに優也に連絡します(笑)。

松下 フフフフフ。

荒木 絶対、行動を起こさないといけませんよ! ってアドバイスくれると思う。

――恋愛においては、松下さんのほうが先輩な感じですけど(笑)、どんな恋愛観を持ってますか?

松下 僕は、友達みたいな感じの関係がいいですね。それが理想。最終的に引っ張るのは男だと思ってますけど。

――惹かれるのはどんな女性ですか?

松下 難しいな~。荒やん、俺にはどんな女性が合いそうな気ぃします?

荒木 え~! う~ん、ものすごいエロい人(笑)。アハハハハ!

松下 それ完全にビジュアルで言ってるでしょ(笑)。

荒木 優也は、いろいろなことに興味を持ってるから、彼女っていう立場で条件を出すんだったら、もうそっち側の優也の知らない世界を知ってる人だったら、ハマるのかなと(笑)。

松下 まあ、いいっすけどね、エロい人(笑)。荒木くんに合いそうなのは、「え? 妹っすか?」みたいな人。

荒木 年下?

松下 見ため的にはそういう人が、合いそうな気がするな。あとは女の子が一生懸命なほうが、荒木くんはいい気がする。僕のイメージですけど、仕事だったり、自分のプライベートだったり、荒やんのいろんなパーセンテージのなかで、恋愛はそんなに占めてないと思うんで。

荒木 ないですね~(笑)。

――仮に今、恋愛するとしたら、求めるのは、刺激ですか? 癒やしですか?

松下 完全に癒やしですね。仕事で十分、刺激的なことがいろいろあるから、自分のプライベートな部分は、穏やかで静かがいいです。

荒木 ………(沈黙)。

松下 いや、(荒木くんは)刺激でしょ?(笑)

荒木 アハハハハハ! ほんとに想像つかない。言われたら、ああ~そうだよな~って思うんですけど。でもね~、たぶん癒やしを求めたところで、俺は成立しないと思うんですよね。

松下 別にひとりのほうが癒やされるしね(笑)。

荒木 うん、そうなっちゃうんで。そうですね~、相手は外国人がいいかな。語学で新しい刺激を得られそうだし、文化も知らないから刺激もありそうだし。コミュニケーションをまずちゃんと取りたいなっていうところから。それなら自分の中でも課題が生まれそうだし。

松下 恋愛は、課題とかじゃないから(笑)。