小林麻央さん

麗禾はずっと麻央の側を離れませんでした。“(彼女の)横でずっと寝る”と言って寝ていました。(亡くなったことを)認識はしていると思いますね

 6月22日の夜、乳がんで闘病していた小林麻央さんが34歳で人生を終えた。翌日の会見で夫の市川海老蔵は、麻央さんが息を引き取ったときの長女・麗禾ちゃんと長男・勧玄くんの様子をこう語った。

「勧玄はわかっているんですけれど、まだわかっていないところもあって。今日の朝も、麻央が横になっているところで顔を触ったり、足をさすったり、手を握ったり……」

 まだ4歳の勧玄くんは、お母さんが亡くなったことを完全に理解できていないよう。勧玄くんはお母さんが大好きなようで、15日の麻央さんの公式ブログで、

《昨夜は、足湯をしていたら、息子がお湯をかけて、なでてくれました》

 と、お母さんの体調を気づかう健気な様子を明かしていた。

「7月3日から開催の『七月大歌舞伎』に勧玄くんも出演予定で、麻央さんも息子の晴れ姿を楽しみにしていたそうです。

 史上最年少の宙乗りに挑戦するということもあり、これを闘病の支えにしようと決意していました」(麻央さんの知人)

 麻央さんは海老蔵と勧玄くんの“父子共演”を天国から見守っていることだろう。

 一方で、麻央さんの姉でタレントの小林麻耶も闘病生活を支えていたひとり。