舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第15回は柿澤勇人さんが小池徹平さんを指名! 『』本誌(2017年8月15日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から柿澤勇人、小池徹平 撮影/廣瀬靖士

2年前もすごかったけど、今の月(ライト)のほうが怖い

――『デスノート THE MUSICAL』で2年ぶりの共演となりますが、お互いの進化や変化を感じたところは?

小池 もう全部ですよ。芝居も歌ももちろんそうだけど、すごく冷静さも集中力も増した。カッキーが演じる月(ライト)は頭脳明晰な人間で、どんどん豹変(ひょうへん)していくっていうギャップも出さないといけないんだけど、ホントに筋がぴんって一本きっちりしたものが通ってるから、ブレなくなりましたよね、まったく。2年前もすごかったけど、今の月のほうが怖い。さらけ出す狂気と、内に秘めた狂気のバランスが仕上がったっていう感じはすごくするかな。芝居が大人になったというか。

柿澤 L(エル)と月のいちばんの醍醐味はラストシーンだと思っていて。そこを久々にやってみて、徹平の目を見て芝居できてるっていうのを冷静に俯瞰(ふかん)して観られたので、一緒にやれることがより楽しくなってる。徹平に関しては、歌がめちゃくちゃ安定してうまくなってる。けっこうロックの曲だし、(キーが)高いところもあるから、それをガーって歌うところがLは多いので、そこの安定感が増してますね。

――お互い、俳優としてリスペクトしているところはどういう部分?

柿澤 芝居に関しては、やるときはやるっていうか、二日酔いだろうと、寝不足だろうと、やるときはちゃんと答えを出して持ってくるところですかね。

小池 同じことで満足しないところかな。舞台って何度も同じことができるぶん、新たなことを試せたりするから、多少なりとも自分のなかで、“あ、違うな”と思った部分を次に試してぶつけてくるところが、面白い役者だなって思うし。決まったことをルーティンにしないし、体調によってパッて浮かぶ気持ちが違ったりすることもあるし、それを素直に役としてさらけ出してくれたりするから飽きないし。一緒にやってて、そこはやっぱり魅力的ですよ。

カッキーは最高のやつなんだけど、飲むと一切覚えてない

――飲み友達としてのエピソードも伺いたいんですけど。

柿澤 『デスノート』の初演のレッスンの後に、初めて差し飲みしたのかな。

小池 あ! 渋谷でしょ? 覚えてる。2人でシャンパン飲んで。そのときはもう、すげ~よくしゃべってたね。

柿澤 うん。それですっかり仲良くなりました(笑)。

小池 懐かしい~。2年前だね。

――2人で飲んでるときは、お互いにしゃべり合い?

柿澤 でも、芝居論とかを話すようなことは一切ないんですよね。

小池 ほぼしないね。飲んでる席であんまり仕事の話はしたくないし。やっぱりかわいい女性の話とかしますよ(笑)。

柿澤 そうだね、男だから(笑)。

――性格的に似てるところはあるんですか?

小池 ぜんぜん似てない! 似てないよ~。こんなにクレイジーじゃない、俺(笑)。

柿澤 アハハハハハ!

小池 めちゃめちゃいいやつだし超面白いし最高なんだけど、でも飲むとね~。コイツ一切覚えてないんですよ。

柿澤 そうなんですよ。僕、記憶が飛んじゃうんですよ。

小池 すぐお飛びになるから(笑)。でも記憶が飛んでからも飲み続けられるところがすごい。どうかしてますよね(笑)。

――(笑)クレイジーエピソードって何かありますか?

小池 一時期、LINEがカッキーの不在着信で埋まりましたもんね(笑)。メッセージ無しですよ。夜中の1時からだいたい3時にかけて、不在着信が3日間に渡って。もう寝てるっていうの(笑)。

柿澤 アハハハハ!

小池徹平、柿澤勇人 撮影/廣瀬靖士

――先日の富山公演のときも飲みに出かけたんですか?

小池 僕は、ひとりで知らない店でもガンガン行っちゃうんですけど。富山でもここ行きたいなって調べておいた店に便乗してくれたり。カッキーもひとりでフラフラできるタイプだから、別々で飲み歩いたりもしてて。偶然同じ店に行ってたりとか。グルメに関してはわりと好きなお店の感覚が似てるかもしれない。

柿澤 そうだね。飛び入りで行ったカウンターだけの店が良かったよね。

小池 しっぽり系の。

柿澤 地元の魚介とか出てくる料理は全部ウマくて。

小池 うん。飲んでる地元の人と話して仲良くなって、これ食べなよって感じで何品かおごってもらったり。

――どこでもひとりで飲みに行けちゃうところも共通点なんですね。

小池 それはあるかも。たくましいよね。ひとりで何でもやれちゃうし行けちゃう!

柿澤 うん。きったない小料理屋でもおいしかったらぜんぜん行くし、お店の人が面白かったらやっぱり行っちゃうし。

小池 めっちゃわかる。

かわいい顔してるけど男気がある。ギャップに萌える人は絶対いるでしょ

――どっちがモテると思います?

小池 カッキーはモテると思うよ。

柿澤 いやいやいや。

小池 飲むとちょっとクズなんですよ(笑)。そこが女の子はたぶんほっとけないって思うと思う。

柿澤 アハハハハハ!

小池 僕は、2人で飲んでるとしっかりしなきゃって思うんですよ。カッキーが酔っぱらって「○○飲みた~い」とか、ちょっとワガママになったりガキみたいになるから(笑)。そういうところ、女の子はかわいいなって思うんだろうなと思う。

柿澤 思ってくれる人だったらいいけどね。たぶんウザいと思われると思う(笑)。

小池 母性本能が強い女性は大好きだと思うよ。

――小池さんのモテポイントは?

柿澤 徹平は酔っぱらってもしっかりしてるんで。会計とかも「払うよ」って言ってくれたりするときもあるし(笑)。そういうところは、かわいい顔してるけどやっぱり男気があるっていう。そのギャップに萌える人は絶対いるでしょって思う。

小池 でも別にギャップにしようと思って、そういうキャラクターにしてるわけじゃないから(笑)。もともとそういう人間だから。

――どういうタイプの人が今は好きなんですか?

小池 今は……。そうだな~、優しい子がいいよね?(笑)

柿澤 そうだね。

小池 受け入れてくれる人じゃないとやっぱり……。けっこう頑固でしょ?

柿澤 頑固だね。徹平も頑固じゃない?

小池 うん。僕も頑固だからそれを受け入れてくれる人じゃないと、絶対付き合えないと思うな。変に自分の中でもルールがあったりする人だから。もちろん相手のペースに合わせるっていうのもあるけど、譲れないものは譲れないって、バーンって閉め切っちゃうから。

――それは生活の細かいことですか?

小池 それもあるし、考え方とか。ホントは寄り添わないといけないんだろうなって思ったりもするんだけど、意外とできなかったり。難しいよな?

柿澤 難しいよ~。

――女性ってどんな存在ですか?

小池 女性はいないと生きていけないよね。だって癒やしですもん。もうホントに。あと、やっぱり男って基本的にどっかでモテたいなって思ってたりするもんじゃないですか。それってやっぱり女性がいるからだし。なんか元気の素、活力になってたりするじゃない?

柿澤 うん、なくてはならない存在ですよね。特に、僕たちみたいな舞台やってる人間にとっては。お客さんのほとんどが女性だから、そういう意味でも支えてもらってるっていうのがあるので、そういう方たちに夢や希望を与えないといけないっていうのもあるし。単純に男だからね、女の人にモテたいっていう欲もあるし、そのために頑張ってるところもある。

――好きになったら積極的に行くタイプですか?

柿澤 僕、ガンガンいきますね。駆け引きとかできないからわかりやすいんです。

小池 僕もガンガンではないけど、普通に直球で行く。

――お互いのかわいいなと思うところは?

柿澤 稽古場に来るときの私服が、いつも夏休みの小学生みたいな短パンにTシャツに帽子って感じで。そこはかわいいなって思います。それが似合うんですよ。

小池 アハハハ! たまにちょっと甘えてくるところですかね。「ちょっとだけ、もう1軒行こうよ!」って言うところ。行かないけど(笑)。

柿澤 アハハハハハ!

――今後、プライベートで2人でやりたいことは?

柿澤 僕は運転が好きだから、車でどっかに行きたいな。

小池 運転してほしい!

柿澤 え?? 運転手?

小池 楽じゃん! 僕、それだと飲めるからさ。

柿澤 ふざけんな!(笑)

小池 先に飲んだもん勝ちだから(笑)。車で温泉、いいじゃない。どうせスナック行くだろ?

柿澤 うん、それいいね。

――改めて、お互いはどんな存在ですか?

柿澤 これからもずっと飲んでいく仲間なんだろうなって思いますね。

小池 うん。普段あんまり役者の人とかと飲みに行かないんですけど、こんな気を使わない役者ってなかなかいないんで、何かあったときに誘いやすいし(笑)、貴重な友達だなって思いますね。

スペシャルQ&A【柿澤勇人編】

――小池さんには言ってないけど、感謝していることは?

柿澤 朝まで飲みにつき合ってくれるところ(笑)。向こうも誘ってくれるしね。誘ってもらえると嬉しいですよ。あとは、僕が食べたいって言ったおそばとかをおごってくれたことかな(笑)。

――小池さんに直してほしいところは?

柿澤 酔っぱらうと、語尾がみんな「バカ」になるんですよ。なんとかなんとかのバカ! とか。それにはもちろん愛があるんですけどね、ニコニコしながら「なんだよバカ!」みたいな感じで。でもそこはちょいちょい傷つくから(笑)、徹平はたぶん覚えてないと思うんですけど。そこはちょっと直してほしいかな。

――スマホの今の待ち受け画面は?

柿澤 3歳の甥っ子です。幼稚園の運動会の徒競走のスタート直前に、自分のお腹が気になっちゃったらしくて、Tシャツをペロッてめくってお腹を見てる写真。僕は運動会に行けなかったんで、写真を送ってくれて。かわいくて癒やされてます。これの前も甥っ子の写真でした。

――あなたにとって愛とは何ですか?

柿澤 思いやりと自己犠牲。相手のために見返りなく自分が我慢するとか、それが愛なんじゃないかなと思いますけどね。親の愛とかもそうですけど。

 あとは、演出家から受けるダメ出しは、やっぱり愛だと思いますね。時には厳しかったりするけど、その人のためを思って悪役を買ってでて言ってくれる。蜷川さんもそうでしたけど、やっぱりそこに愛がなかったら、たぶん言わないだろうし。うるさいなとか一瞬思うこともあるけど、冷静になって考えると、“ああ、これは愛なんだ”と思って受け取ります。

柿澤勇人 撮影/廣瀬靖士

――柿澤さんのトリセツと、小池さんのトリセツは?

柿澤 徹平は、おいしいご飯とお酒を与えておけば、機嫌がよくなる(笑)。あとはね~、カラオケで『宇宙刑事ギャバン』っていう曲を歌えば確実に爆笑してくれる。歌い方があって、僕じゃないとたぶん笑ってくれない。もし徹平が元気がないときは、焼酎とお酒に合うつまみをおごってあげて、『ギャバン』を歌えば、たぶんなんとかなりますね(笑)。

 僕もお酒かな~。飲んでると機嫌がいい。赤ワイン以外のお酒なら何でも大丈夫です。少人数で飲むのがいいですね。あとは褒められて伸びるタイプなんで、褒めておけば機嫌はいいです(笑)。やっぱり芝居を褒められると嬉しいですね。

――生活用品でこだわっているものは?

柿澤 ベッド。広いほうがいいので、兄貴が使ってたベッドと僕のベッドをつなげて、キングサイズにして寝てます。広いベッドの真ん中で寝ると気持ちいいですよね。枕も自分の頭の形に合わせてオーダーメイドして、もう5~6年愛用してます。

――人生最後に食べたいものは?

柿澤 白米とみそ汁。母親が作ってくれるみそ汁(笑)。具は豆腐とワカメかな。最近、ひとり暮らしを始めたから、ぜんぜん食べてないんですけど。自分では料理はまったくしないです。お酒は充実してますけどね。お酒用の収納スペースがありますから(笑)。人生最後に飲みたいお酒は、今のところ芋焼酎『赤霧島』のソーダ割りかな。

スペシャルQ&A【小池徹平編】

――柿澤さんには言ってないけど、感謝していることは?

小池 僕が初めて出演したミュージカル『メリリー・ウィー・ロール・アロング』の親友役で出会って、2年前の『デスノート THE MUSICAL』でまた共演して。それからたくさんミュージカルをやるようになったので、きっかけになる2作品で一緒になっているんですよね。ミュージカル俳優として、役者として、すごく刺激を受ける存在で、いい意味で影響ばっかり受けているので、そこはすごく感謝しています。

――柿澤さんに直してほしいところは?

小池 夜中に酔っぱらってかけてくる電話。迷惑です!(笑) それ以外は直してほしいことはないです。

――スマホの今の待ち受け画面は?

小池 自分がダイビングしてる沖縄の海の写真。去年、慶良間(けらま)で撮った写真だったかな。ダイビング歴はまだ3年くらいですけど、少し時間ができると車で神奈川のほうとか近郊の海にも行きますよ。今まで潜ったところで一番きれいだったのは、沖縄ですね。ハワイよりきれいだった。

――あなたにとって愛とは何ですか?

小池 支えじゃないですか。何にしても愛があるっていうのは、大切なコミュニケーションのひとつだし。それは、対人であったり、すべてにものに対してでもそうだし、ペットにもそうだし、愛したぶん返ってくる。愛されてると頑張れるし、ひとりじゃないって実感するし、伝わるものだなと思う。

小池徹平 撮影/廣瀬靖士

――小池さんのトリセツと、柿澤さんのトリセツは?

小池 僕はどれだけ疲れてても、お酒が飲めればもう全部OK! その日一日何があっても。仕事が全部終わったあとにお酒が飲めればOKですね。すごく大事な切り替えです。仕事終わりにちょっと一杯ひっかけてっていうのは、僕にとってのオフのスイッチ。カッキーも一緒だと思う(笑)。家で飲むのは、もうずっと麦焼酎ばっかり。ソーダ割りでレモン入れて。

――生活用品でこだわっているものは?

小池 寝やすくてちょっと大きめのベッドを買ったりとか。歯ブラシは絶対電動がいいとか……なんかそういうこだわりはいろいろありますね。今一番のお気に入りは、やっと買ったダイビングウォッチ。潜るときに水深が常に出るし、コンパスにもなるし、ログがそのままブルートゥースでiPhoneに飛ばせて、全部ログを書いてくれるんでめちゃくちゃ便利で。その時計は大好きですね。最高です!

――人生最後に食べたいものは?

小池 ジンギスカンかな。好きで、もうしょっちゅう食べてるので。僕、焼き肉よりジンギスカン食べるほうが多いと思う。それか餃子。あと納豆かな。餃子も納豆も好きだから。人生最後に飲みたいお酒は、やっぱり麦焼酎のソーダ割りかな。それが一番おいしい! 芋焼酎も飲むけど。麦のほうがソーダに合うんですよね(笑)。

*2人のサイン入り写真をプレゼント!
詳細はこちらからどうぞ→estigmas.info/articles/-/10318

<プロフィール>
かきざわ・はやと◎1987年10月12日、神奈川県生まれ。B型。’07年、劇団四季で俳優デビュー。『春のめざめ』主演ほかで活躍。退団後もミュージカル『ラディアント・ベイビー~キース・へリングの生涯~』ミュージカル『フランケンシュタイン』ほか数多くの舞台に主演。『デスノートTHE MUSICAL』(大阪公演:8月19日~21日梅田芸術劇場メインホール/東京公演:9月2日~24日新国立劇場 中劇場)に夜神月役で主演。12月に舞台『アテネのタイモン』に出演。

こいけ・てっぺい◎1986年1月5日、大阪府生まれ。B型。第14回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ受賞。’02年、俳優デビュー。ドラマ、映画、舞台と各方面で活躍。『デスノート THE MUSICAL』にL役で出演。8月13日「小池徹平SUMMER LIVE 2017~OTODAMA SEA STUDIO~」開催。『ロッキー・ホラー・ショー』(11月7日~12日Zeppブルーシアター六本木ほか)に出演。’18年春、ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち』再演決定。

(取材・文/井ノ口裕子 撮影/廣瀬靖士 スタイリング/松下洋介[小池さん]  ヘアメイク/加藤ゆい[fringe])