現在、10代の女優の中でも人気・勢いともに抜群の広瀬すず(19)、橋本環奈(18)、平祐奈(19)、葵わかな(19)、永野芽郁(18)。映画やドラマの主演に抜擢(ばってき)され続ける彼女たちは、まさにティーンの「憧れ顔」といえるであろう。

左から葵わかな、永野芽郁、広瀬すず、橋本環奈、平祐奈

 中でも広瀬すずは「2010年代を代表する美少女」橋本環奈は「千年に一人の逸材」と評価されるなど、2人の人気は一歩抜きん出ている。

 今は皆、可愛くきれいな美少女たちは、将来「本物の美女」になれるのか? 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を聞いた。

――広瀬さん、橋本さん、平さん、葵さん、永野さんという、勢いのある10代女優5人を見て、ズバリ美少女順にランキングするとしたらいかがでしょうか?(5人の写真を見せる)

高須「みんなきれいだけど、下から永野・葵・橋本・平・広瀬って順番だね

――人気ナンバーワンといえる広瀬さんは、やはり顔面偏差値もナンバーワンなんですね!

高須「広瀬さんは目鼻のバランスもいいし、いわゆる美人顔でしょう。美人は笑顔でわかるものではなく、無表情でもわかるもの。そういった意味で、広瀬さんは無表情でも寝ていてもおきれいでしょうね。ただ、それが彼女の演技を狭めてはいる気がするけど。どの作品も『広瀬すず』すぎるからさ(笑)

――確かに、映画に連続主演しすぎたせいか、その点はネットでもよく言われていますね。姉のアリスさんのほうが、表情も感情表現も豊かとの評価もあります。ところで、1枚の写真が話題を呼び、地方アイドルから日本のセンターへと着実に人気を伸ばしてきた橋本さんが3位というのが意外でした。

高須橋本さんは目のキラキラ感で美少女だ、天使だと言われているのでしょうが、実はその目が大きすぎてバランスが悪く、輪郭はエラが張っているので、美人評価からは少しそれたかな。でも笑うととってもチャーミングだし、“地方から来た頑張り屋さん”というところもいい! 高校生男子なら誰もが好きなタイプ」

――確かに、どの学校でもモテそうな雰囲気です。では、姉の平愛梨さんのご結婚で、メディア登場率も急上昇中の平祐奈さんはいかがでしょうか? 沖縄出身らしいオリエンタル美人ですが。

高須顔がでかい割に鼻とあごが小さいから、これもバランス悪しだね。ちなみに残りの葵さんと永野さんは十分可愛いんだけど、このメンバーの中だと普通過ぎる

――そうですね。でも葵さんと永野さんは女優としての評価は高いんですよ!

高須「でしょうね! 女優ってきれいすぎるとそれが足かせになるんだよ。どうしてもおすましキャラに見えちゃうし、振られる役がいつも同じで印象も代わり映えしない。そこへいくと、“普通のきれいな子”の葵さんと永野さんは、悪役にもいい子役にもなれる。メイクや衣装次第では非モテ役もいけそうだし。CMなどでも思い切り顔を崩して、インパクトあるよね」

――となると、女優として今後、躍進できそうなのは……?

高須美少女ランキング下位の2人である、葵さんと永野さんだね! この2人は星野源さんみたいに(高須院長が星野源の人気を分析した記事はコチラ)キャラをきちんと模索してそれを売りにすれば、きれいだけじゃない個性のある女優として大ブレイクするかも。やっぱり人気というものは『美しさ』より『意外性』だからね。美人か否かは人気度と比例しないんですよ

――とはいえ、現代の2大美少女ともいえる広瀬さん、橋本さんも人気は高いですよ!

高須「可愛いしきれいだから、そうでしょうね。でもやっぱり広瀬さんは表情のバリエーションが少ないし、静止画勝負のモデル向きかも。橋本さんは『千年に一人の逸材』『天使すぎる』のキャッチコピーが逆に気の毒だね。そんな看板があると、見る側もハードル上がっちゃうし。そういう意味では、橋本さんは映画で汚れ役をやったりして、広瀬さんより頑張ってるかも!」

――ところで、高須院長も美少女度に太鼓判を押した広瀬さんですが、テレビ番組での態度が悪かったり、性格の悪さを指摘されたりと、ネット人気がいまいちなんです。

高須「たぶん、美人という前評判がありすぎて、ちょっとした言動が取り沙汰されるのでしょう。それに、人が表情を感じる目元口元がきれいなので、余計、冷酷そうに見えるんでしょうね

――顔立ちから気の強さなどは感じ取れますか?

高須「美人は基本、ツンとした雰囲気なので、そういう意味では気が強そうに見えるね。あとは若い頃から“美少女、美少女”ともてはやされているってこともあるかも!」

――ところで、最近の「美少女顔」は昔と比べて変化を感じますか?

高須昔の美少女はこんな大衆的じゃないもん! 全然違うよ! 昔のスターはまさに雲の上の存在で、フォトショップもないのにあれだけきれいなんだよ! どれほどの美少女かわかるでしょう」

――確かに、映画創成期の女優さんなどは息をのむほどきれいですね!

高須「そう。『ザ・美人』じゃなかったら許されないほどだったんだよ。だからこの5人は、昔なら大部屋女優にもなれなかっただろうね。今は手が届きそうなきれいさ・可愛さが人気であって、プライベートもSNSでじゃんじゃん晒(さら)すしさ」

――そう言われると、この5人の中で近寄りがたい雰囲気の方はいませんね。

高須「そうだよ。グルメも美少女もみんな、大衆的になってきたものです。ちなみにモテるには完璧美人よりヌケのある可愛さだからね! あまりに美を追求すると整形サイボーグみたいになっちゃうよ!」


<プロフィール>
高須克弥(たかすかつや):
1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。脂肪吸引手術など世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。金色有功章、紺綬褒章を受章。『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、、『行ったり来たり僕の札束』(小学館)。最新刊は『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)