スマイル全開のずーみん 撮影/佐藤靖彦

「今年の抱負を一文字で表すなら、『輝』。いっぱい輝きたいからです! 昨年、『恋のツキ』(テレビ東京系ドラマ)に出させていただいてから、演技をもっともっと頑張りたいって気持ちが強くなってきていて。サイコパスな役にいちばん挑戦してみたいんです。最終的には、みなさんに女優って言ってもらえるくらいになれたらいいな」

 凛とした眼差しで語る姿に、同性ながら思わずドキっとしてしまう。撮影続きの1日だったにもかかわらず、疲れなど感じさせない明るいオーラをまとった彼女と話すうちに、自分の顔も自然とほころんできたことに気づく。パッと目が合うと、まん丸な目をぐっと細くして、あどけない笑みを向けてくれた。

 笑顔の主は、今泉佑唯さん(20)。『ずーみん』『ずみこ』などの愛称で親しまれ、’18年11月に、3年間在籍したアイドルグループ『欅坂46』を卒業したばかりだ。現在は雑誌モデルからドラマ、舞台出演までマルチにこなし、活躍の場を広げている。

 新たな道を歩み始めた彼女にとって、2019年は、これまで以上に期待と不安が入り混じったスタートとなったことだろう。そのキラキラとした瞳の奥には、いったいどんな思いを募らせているのだろうか。 “いままで”、そして、“これから”に対する胸の内を、余すことなく教えて、ずーみん!

ファンとの距離をますます縮めたい

上目遣いで大人っぽくキメるずーみん 撮影/佐藤靖彦

「今後、女優としてやっていくとしても、ファンの方々との距離感はとても大切にしたいんです。卒業するとどうしても、“あ、あの子ともう会えないのかな”って捉えられてしまいがちじゃないですか。でも、私はいい意味でグループのときと変わらずにいたいというか、むしろ個人活動をしていく中で、さらに距離を縮められたらなって思います」

 芸能界に入る前から女性アイドルが好きで、ライブや握手会などにも参戦経験があることから、気づくと応援する側の立場を想像しているという。

「例えば、“待ち列に並んでいる間に、こんな演出があったらファンの方も退屈せずに過ごせるかな”とか、“みんなが大満足してくれるイベントは何だろう”とかアイデアを練るのが好きで、いくら考えても飽きないんです!」

 支えてくれる人たちにきちんと応えたい、という気概を感じさせるずーみんが広く愛されていることは、昨年10月に発売された初のソロ写真集『誰も知らない私』が好評を博していることからも裏付けられる。

 発売前重版を経て初版10万1500部からスタートしたのち売上げを伸ばし、HMVの『BEST of 2018』本・コミック部門では2位、オリコンの『2018年 年間本ランキング』写真集部門では6位にランクイン。

「女性らしいカラダを目指してトレーニングをしたので、同性の方に“こうなりたい”って思ってもらえる作品だったらいいな」という願いが込められたこの写真集、何気ない気持ちで開こうもんなら、必ずや目を疑うことになるだろう。

セクシーずーみんにドキッ 撮影/佐藤靖彦

 読み始めるや否や、ページをめくる手が止まらなくなった私の脳裏にまず浮かんだ言葉は「な、なんや、この脅威の腹筋は……!」であった。

異次元の“グラミーボディ”に感服

2か月間、お尻とお腹を中心にい〜っぱい鍛えました。撮影開始の2週間前にフィッティングを行ったときはまだ腹筋も割れていなかったし、自分のお尻が仕上がっていないのを見てめちゃくちゃがっかりしたんですよ。そこから毎日ジムに通って、トレーニング後はヘロヘロでまっすぐ歩いて帰れないときもありましたね。

 でも、トレーナーさんが“必ずカラダを変えるので信じてください!”って言うから、“いやいや嘘でしょ!(笑)”って思いながらもなんとか続けたんです。おかげでヒップスラスト(腰に乗せたバーベルを持ち上げることでお尻を鍛える種目)は30キロが限界だったのに、最終的には75キロまで上がるようになったし、ウエストは12センチ絞れたんですよ!」

 体脂肪も実に6%落としたといい、「腹筋は、2段目を作って今も維持しているんです♪」と高らかな声で放つ彼女がすごすぎてもはや怖い。天使スマイルと美しく鍛え上げられたカラダとのギャップにも衝撃だが、何より厳しいレッスンに耐え抜いた根性に脱帽である。写真集を担当した編集者も、「最初のころとは別人の体形です。彼女のストイックさは異次元レベル!」と目を見開いていた。

髪型が似合いすぎて可愛さが爆発するずーみん 写真集『誰も知らない私』より

「私、昔は水着になるのが苦手だったんです。だから中高時代の友達から、“俺より割れてるじゃん!”とか、“びっくり。私もそのスタイル目指したい”って久しぶりに連絡がきたりして。“見ていてくれてるんだ〜”って嬉しくなりました

 さらには、2か月でぐんぐん引き締まっていく娘を目の当たりにしていたお父さんが、「俺もジム通おうかなあ」と言い出したそう。老若男女を刺激する魅惑のカラダにつけられた呼び名は『グラミーボディ』。前出の編集者は、「グラマラスにちょっとだけチャーミングさを足して、“グラミー”です」。うーん、納得!

露出がある撮影は今回が初めてで。緊張しちゃうのかなって心配してたんですけど、むしろ水着とか下着のほうが開放感があって、表情も自然と豊かになりました。“私、こんなに素でもいいんだ〜”って。スタッフさんともウマが合ったので、撮影はずっと楽しかった。驚くほどガハガハ笑ってる写真もあって……ふっ、あははは!(思い出し笑い)」

 写真集の中ではナポリタン作りにも挑戦しているずーみん。現在も、週1以上は自炊の日を設けているそう。そして毎晩、飲食店検索サイト『食べログ』を開いては、気になるレストランを開拓しているという。

「お肉のお店をよく探すんですけど、一度スタッフさんに連れていっていただいて忘れられないのが、東京・南青山にある焼肉屋さんです。お店の人が焼いてくれるタン塩がとにかくおいしいんですよ〜ホルモンもたまらない(満面の笑み)! 今度は自分がごちそうしてあげられるくらいになったときに、もう一度行きたいなあ

“Estigmasマーク”を持ってほほえむずーみん(ありがとうございます!) 撮影/佐藤靖彦

 ご飯仲間はアイドル時代の友達のほか、番組で共演経験のあるタレントの方や芸人さんなど、バリエーション豊か。「人見知りをしないタイプなので、年齢や性別はあまり意識せずに誰とでも話せるんです」というずーみんは、“未来の彼氏”にもやはり、話しやすさを求めているよう。

デートは絶対スーパーに行きたい!

歯磨き中すら萌えるずーみん 写真集『誰も知らない私』より

私、とにかく、よく喋るしよく笑うんですよ。そのテンションにちゃんと乗ってきてくれる男性だといいなあ。ボケたら突っ込んでくれるとか、面白さも重要。でも、そんな2人が一緒にいたら確実にうるさいですよね! だから、防音のおうちに住みたいんです(真顔)

 おめかしして小洒落たレストランでデートするよりも、家での“まったりデート”に憧れるというずーみん。実は以前、自宅に友人を招いた際、笑い声が響きすぎて注意を受けたことがあるそうだから、確かに防音機能は必須かもしれない。

「1日たっぷり一緒にいられるんだったら、絶対にデパートかスーパーに行きたい! 洋服や雑貨を見て回って、最後に食材を買って帰って2人で作るのが理想です。逆に、“記念日は毎回、夜景の見えるお店でお祝い” みたいな、キメキメな感じが続くと嫌になっちゃいそう。なんかこう、気取らずに楽しい日々を過ごせる相手と、いつか出会えたらいいですね」

 仕事だけでなくプライベートも、決して繕わず、“等身大の自分”を大事にするずーみん。今後も日常の中にささいな幸せを見つけながら、女優としても、人間としても成長し続けるのだろう。彼女の魅力はどこまで磨かれていくのか、私たちはまだ、誰も知らない――。


お肌のうるおいの秘訣は『虫除けスプレー』!?
撮影秘話をウキウキと話すずーみん 撮影/佐藤靖彦

 ずーみんのお肌のぷるるん具合には、直接会った人間ならきっと感激せずにはいられないが、写真集を見ると、さらにお肌が輝いているような……。

 写真集の撮影はイタリア・南ナポリの郊外を中心に行われ、滞在先には緑の木々がいっぱい、すなわち、昆虫たちもいっぱい! そこで、同行した前出の編集者は宝物の“グラミーボディ”を守るべく、撮影中ずっと、ずーみんに虫除けスプレーをかけ続けていたそう。

おかげで、私は全く蚊に刺されなかったんです。草むらで寝っ転がったときとか、耳元で羽の音が“ブーン”って鳴っていたくらいなのに。実は、この表紙の写真で肌がつやつやしているのも、虫除けスプレーのうるおいなんですよ! ふふっ!


《PROFILE》
いまいずみ・ゆい ◎神奈川県出身の女優、タレント。アイドルグループ『欅坂46』の元メンバー。雑誌『ar』のレギュラーモデルとしても活躍し、'19年3月から上演される、つかこうへいの舞台『熱海殺人事件 LAST GENERATION 46』ではヒロイン役を演じる。『』が初のソロ写真集となる。
オフィシャルサイト→『』
→ instagram→ 

ソロ写真集『誰も知らない私』(主婦と生活社)
※記事中の写真をクリックすると、Amazonの紹介ページにジャンプします