施設前の献花台には、多くの花が供えられていた

 元職員――。約5か月前、今年2月19日までそこで働いていた元職員にしてみれば、犯行現場は下見の必要性のない持ち場同然の場所だった。

 7月26日午前2時ごろ、職員を縛る結束バンドと凶器となる複数の刃物を手に、男は元の職場である障害者福祉施設『津久井やまゆり園』の窓ガラスを割り、忍び込んだ。

 犯行時間は約50分。ベッドで寝ている障害者を次々に無差別に襲い、19人を殺害、26人を負傷させた。

 虐殺にも似た大量殺害に、施設の設置者である神奈川県の黒岩祐治知事は怒りをぶつける。

「衝動的な犯罪ではない。深夜に(施設に)侵入して、ひとつひとつ扉を開け、そこで寝ている人を1人ずつ刺す。それだけの残虐性というものを、私は信じられない」

 戦後最悪の大量殺人事件を起こした植松聖容疑者(26)は、犯行後の同日午前3時ごろ、津久井警察署へ出頭した。

 最初から逃げるつもりもなく、「障害者470名を抹殺」と今年2月に衆議院議長あてに書いた手紙(後述)にあった《見守り職員は結束バンドで身動き、外部との連絡をとれなくします。職員は絶対に傷つけず、速やかに作戦を実行します。2つの園260名を抹殺した後は自首します》という記述から、犯罪は計画的だ。

 近隣住民は、当日の様子を明かす。

「朝、娘から電話で“お母さん、外を見てみなよ”って。そしたら施設の前の道路一面に救急車が並んでいたのよ」

子どものころの評判

 惨劇の現場から700メートル離れた自宅でひとり暮らしだった植松容疑者は26年前、赤ん坊のころに引っ越してきたという。父親は都内の小学校の図工の教師、母親はイラストレーターで、父親は自治会活動に積極的に参加していた。

「腰が低く、あたりのやさしい人でした。教師だから子どもの心をつかむのがうまいのよ。キャンプなんかでは、一生懸命みんなをまとめてね」

 近隣に住む女性はそう証言する。母親の人柄についても「明るい人」と話す。

 植松容疑者の、子どものころの評判も、極めていい。

「サト坊はね、素直で礼儀正しい子だったね。会えば“こんにちは”って。活発に外で遊んでいる感じの子だったな」

 地元の小中学校に通い、高校は都内の私立高校に進学。中高とバスケットボール部に所属し、父親と同じ教員になることを目指していると近所の住民に屈託なく話していたという。

「彼女と手をつないで歩いているところを見たっけね。“彼女なの?”って聞いたら“同級生ですよ”ってはにかんでね。楽しそうでしたよ」

 と近隣住民。思春期になると、おっくうになりがちな隣近所とのあいさつも、子どものころと変わらず続けていたという。

 そんな好青年が、大量殺人鬼になるなんて誰が想像しただろうか。

 同級生の女性は「怖くて手の震えが止まらなくて」と事件の衝撃におののき、言葉を詰まらせた。

「こんなの、私たちが知っているサトくんじゃないですよ。どうして……」

狂気の兆候

植松容疑者の背中には般若とおかめの入れ墨が(容疑者のより)

 狂気の兆候は大学進学後、徐々に見え始めた。入れ墨を入れ自身も彫り師になりたくて弟子入りしたと周囲に吹聴しまくるようになる。

 犯罪心理学に詳しい新潟青陵大学の碓井真史教授は、こう読み解く。

「入れ墨は、力への憧れですね。強くなりたい、また自分が特別な人間であると思っていたのかもしれません」

 背中一面の入れ墨は般若と、おかめ。

「たまたまかもしれませんが、おかめの面が割れて般若が顔を覗かせている。ひょうきんな自分は仮の姿で、鬼となってこれから大きなことをしてやるぞという表れかもしれません」(前出・碓井教授)

 それでも大学時代は、教員免許取得を目指していた。2011年5月には、地元の小学校で教育実習を行ったが、生徒たちの評判は軒並みよかった。その一方で、特別支援学級で教育実習をした際のことを、インターネット上の投稿サイトに、偏見に満ちた言葉でつづったことがあった。

《きょうは身体障害の人200人ぐらいに囲まれてきたぜ。想像以上に疲れるぜ。みんな頭悪いぜ》

 これが植松容疑者の地金だったのか。'12年、大学卒業後は、自動販売機の設置業者、運送会社、デリヘルの運転手などを転々とし、相模原市内のクラブにも頻繁に出入りしていた。

 クラブ関係者は、「薬物をやっているのではという噂もあった」と話した。問い詰めたところ、「やってないよ」と答え、それっきり姿を見せなくなったという。だが自宅からは植物片が見つかっている。

 変わっていく息子と、親との関係は悪化した。近隣男性住民が振り返る。

「4~5年前、夜中に女の人の叫ぶ声が聞こえてね。その半年後ぐらいに両親だけが引っ越していったよ。息子が入れ墨を入れてるのがわかったらどう思うよ? やっぱ、それが原因じゃないかね」

代筆を依頼する電話

植松容疑者がひとりで住んでいた自宅。玄関の電気がついたままだった

 息子との同居に耐えかねた両親は八王子のマンションへ。家族3人で暮らしていた一軒家で植松容疑者はひとりで暮らす。

 同年12月に、今回の殺戮現場になる『津久井やまゆり園』で、臨時職員として勤めることになった。

 翌年4月には、臨時職員から常勤職員になったが、そのころから問題のある振る舞いが目につくようになった。

 入所者の手の甲に黒いペンで落書きをする、早退や遅刻が多い、手や顔を腫らして出勤したことも。背中一面の入れ墨が、2015年1月に施設側に見つかった。

「入れ墨が見えない服を着るように」という施設の指導には従わず、わざと背中が見える短いTシャツを着て、園内を歩いていたという。

 それでも施設は雇用を続けていたが、施設外で植松容疑者は、アキレる行動に出ようとしていた。安倍首相に、直筆の手紙を送ろうとしていた。

 同級生の母親が明かす。

「子どもに電話がかかってきて、安倍首相に手紙を書きたいって言ったそうです。字が汚いから代わりに書いてくれって。内容を聞いて、そんなことやめろよ、友達の縁を切るぞと伝えたら急に怒鳴りだして電話が切れた、と言っていました。支離滅裂で、何を話しているかよくわからなかったみたいですよ」

 同様の電話を友人らにかけていたが、次々に拒否される。

 代筆をあきらめた植松容疑者は、自分の汚い字で狂気の文面をしたため、衆議院議長公邸に赴き手渡したという。

 そこには、“私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です”“障害者は不幸を作ることしかできません”などといった歪んだ考え方と、前述のような犯行計画が書かれていた。

 警察から施設に連絡が入り2月19日に緊急面談が行われたが、植松容疑者は「障害者は周りの人を不幸にする。いないほうがいい」と強弁し、自ら辞表を提出したという。

 その後3月2日まで緊急措置入院に。大麻の陽性反応なども出た結果、診断は「大麻精神病・反社会性パーソナリティー障害」「妄想性障害・薬物性精神病性障害」。担当医師に障害者を虐殺したヒトラーの思想が2週間前に降りてきた、と伝えたという。

反社会性パーソナリティー障害

 前出・碓井教授は、次のように容疑者の行動を分析する。

「第1に妄想性障害であること。妄想性障害は社会現象とリンクしてさまざまな妄想を引き起こすんです。彼はテロと結びつけていた可能性がある。一般的に妄想性障害の人はクレームの電話ぐらいで終わるのですが、彼は反社会性パーソナリティー障害であると診断されていることも関係します」(前出・碓井教授)

 反社会性パーソナリティー障害は社会のルールを守れず、良心の呵責を感じにくいため、犯罪に手を染めやすいと碓井教授は解説する。

「この障害は札つきのワルをイメージしがちですが、米国では国会議員にまでなりそうな好青年が反社会性パーソナリティー障害であり婦女連続殺人の犯人でした。他人や自分が傷つくことに鈍感なんです。だからこそ教員を目指すと公言していたにもかかわらず障がい者をけなす言葉が出てきたのかもしれませんね」

 さらに彼の精神状態についても言及する。

「彼は躁病という診断もされていますが、妄想がすべていいアイデアに感じられ、行動に移した。自分の考えは正しく、政治家でも友人でも話せば理解してくれると。入れ墨にせよ手紙の依頼にせよ、彼が危険な領域に足を踏み込んでいる兆候はいくつも見られます」

 あらかじめ予告されていたにもかかわらず、事件は起きてしまった。予告もなく犯行に及ぶかもしれない第2、第3の植松容疑者を止める有効な手立てはあるのだろうか。