石原さとみ

 米国エージェント役で出演した映画『シン・ゴジラ』が大ヒット、新しく始まった日本テレビ系ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』では主演を務めるなど、絶好調の石原さとみ。アラサーになってからは色っぽい役柄も積極的にこなし、男性陣からの支持率も高まる一方。

 一方、同世代女優の綾瀬はるかは10代の頃はグラビアで活躍するも、20代に入ると女優としてヒット作を連発し、最新のタレントイメージ調査・女性タレント人気度で1位(2016年8月度、ビデオリサーチ調べ)になるなど、その人気はもはや不動のもの。

 老若男女に人気の石原さとみと綾瀬はるかのどちらが女性として美しいのか、高須院長にジャッジしてもらった。

――各種ランキングを見ても、石原さとみさんも綾瀬はるかさんも男女問わず人気があることがわかりますが、周囲の声を聞くと、石原さんは男にモテたいフェロモン系の女性に憧れられる傾向があり、綾瀬さんは男に媚びない系の女性に人気がある印象です。石原さとみさんはぷっくりした唇が特にセクシーだという声が多いですが、高須院長のご意見としてはいかがでしょうか?

高須「思い切り笑うと唇の肉感はあまりないので『セクシーリップ』とは一概に言えないけど、評価のポイントは男に期待を持たせる表情が上手!! 口がいい、目がいいとかよりも、表情美人だね」

――なるほど。海外では美女の条件である肉感的な唇がいいのかと思いましたが、意外にも表情なんですね。

高須「そう。思わせぶりな『コイツ、俺に気があるんじゃないか』的な顔を作るのがうまいね。それとメイクがうまいでしょ、この人。メイク自体は濃く見えないけど、リップメイクは超細部にわたって作り込んでそう。細か~くグラデーションとか作ってね」

綾瀬の顔は典型的な左右非対称タイプ

綾瀬はるか

――テクニック美人というわけですね。では、綾瀬はるかさんのほうは?

高須「ズバリ整形してない美人。だってこの曲がった鼻とか、超ナチュラルだよ! もしかしたら子ども時代に転んだり何かにぶつかったりしたのかな? ボクサーとか格闘家によくある鼻だよね。それに眉の高低差も女優さんにしてはそのまんまだし。そのアンバランスさが親近感や好感度の理由なんだろうね。典型的な左右非対称タイプの顔です」

――美人だけどアンバランス。この足りなさが女性に受けるんですね!

高須「女性は“敵か敵じゃないか”も判断の大きな理由だから、安心して心から褒められるタイプの美人でしょう」

――では、高須院長としてはどちらの顔が美しいと思いますか?

高須「う~ん……どちらも美人さんだけど私の好みじゃないんだよねぇ……。でも、選ぶなら綾瀬さんかな。しかもデビュー当時の58キロの頃がベスト! 綾瀬さんって痩せると骨っぽくなってエラが目立つから、ぜひもう少し太ってほしいね。でもどちらもおきれいで五分五分です!」

――ところで男性受けする顔・女性受けする顔で違いがあるのは、何か理由があるのでしょうか? もしくは、男女で好むキャラクターが違うことが理由なのでしょうか?

高須「例えば、女性はガリガリでボーイッシュ、サバサバした子を素敵だと言う。男性はふっくらとして優しげで、媚を売るような子をいいと言う。これは価値観の差です! 男女で求めるものは違うから、表と裏ってくらい違って当たり前だね」

――確かに、男性が好きな女優ランキングなどを見ると、結果に意外な印象は受けますね。

高須「男からすれば、“モテる男ランキング”とかも『え~!!』って感じだよ! 実体験としても男友達の間で超人気のあるヤツがなぜかモテなかったりね。これは男女間の性差で仕方がないことなんでしょう」

――やはり男性は石原さんのような表情や仕草が可愛らしく、少しあざとさを感じるキャラクターが好きで、女性は綾瀬さんのようなスタイルのよい身体をあえて隠すような清廉でイノセントなキャラクターが好きなんですね。

高須「それが大部分の意見かも。ちなみに石原さとみリップに憧れる女性のみなさん、ヒアルロン酸で即できますよ~!」

<プロフィール>
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。脂肪吸引手術など世界の最新美容外 科技術を日本に数多く紹介。金色有功章、紺綬褒章を受章。『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。高須クリニックオフィシャル人生相談 Twitterアカウント@yes_jinsei