山口達也が起こした事件を受け、謝罪会見に臨んだTOKIOの4人

 年末に行われる紅白歌合戦には、初出場のKing&Princeをはじめ、ジャニーズ事務所からは5組が出場する。その反面、同じ事務所から24回連続で出場していたベテラングループのTOKIOは年末の大舞台を退いた。

 不選考のいちばんの理由は、今年グループを脱退し、事務所との契約が解除された山口達也の事件だろう。

「今年2月、NHKの番組で共演していた女子高生を自宅マンションに招き、泥酔した状態で強引にキスを迫ったため、強制わいせつ容疑で捜査を受けていたことが4月下旬に発覚しました。示談が成立し、被害届が取り下げられたこともあって、5月1日付で起訴猶予処分となりました」(スポーツ紙記者)

 情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)で朝の顔も務めていた彼の“裏の顔”は、世間に大きな衝撃をもたらした。

 5月6日をもってジャニーズ事務所から山口との契約解除が発表され、彼は'16年から通院していた病院に入院することとなる。

「東京近郊でアルコール依存治療に定評のある病院でした。当時の会見では、『アルコール依存症』という診断は下されなかったということでしたが、実際は、1月にもお酒のことで入院していたんです。

 現在は、その場所とは別の都内近郊の“リゾート心療内科”と呼ばれる病院へ転院しています。この病院にはスパやトレーニングルームも備わっており、部屋もホテルのような豪華さだといいます」(芸能プロ関係者)

 あれから8か月がたとうとしているが、その余波はまだ残っていた─。